H1N1インフルエンザ(2009)のその後

ここでは、「H1N1インフルエンザ(2009)のその後」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごぶさたしています。

2009年の新型インフルエンザ感染騒ぎ、あれはいったいなんだったんだろうと今では思います。(←お前も当事者だろ!(・_・)ノ☆(*__))


でも、あのときにはほんとうにやばいと思ったんですよね。

ニュースを見たのは友達と食事に行くのを駅で待っているときに手持無沙汰で見たガラケーのニュースに出てきた新型インフルエンザの言葉。

背筋が凍りついたのを今でも覚えています。

2005年ごろにNatureで特集が組まれていたあれに感化されていたかなあ。

ともかく、新型が出てくれば恐ろしいスピードで世界中に広がり、致死率が高ければとんでもないことになると。


確かに、2009年から2010年にかけて流行したH1N1は世界中に瞬く間に広がりました。

インフルエンザの地図を塗り替えたと言ってもいい。

この点では新型が出ればパンデミック、これは間違っていませんでした。

インフルエンザウイルスの感染力の低い初夏から夏にかけて流行ったことからもわかりますよね。


でも、幸いなことにこのH1N1は毒性が高くなかった。

それまでに流行していたものと同等か少し高い程度であり、そのことから、日本のような過剰反応した国では通常の流行よりも死者数などが低く抑えられました。

タミフル使いまくりだったから、ワクチン生産とかも後手後手に回ったけど大丈夫だった。


そしてあのH1N1、今では季節型インフルエンザの一つに組み込まれて考えられています。

国立感染研のホームページの文章をお借りすると、

「2012年9月~2013年1月のインフルエンザの活動:インフルエンザの活動はこの期間中に、アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアから報告された。A(H1N1)pdm09ウイルス〔以下、A(H1N1)pdm09〕の活動は、アフリカ、アジア、中南米およびヨーロッパの一部の国を除き、概して低かった。A(H3N2) 亜型ウイルス〔以下、A(H3N2)〕は、北アメリカのほとんど、北アフリカとアジアの一部、および当該時期の早い段階ではヨーロッパのいくつかの国と中国で優勢であった。B型ウイルス(以下、B型)は、世界の多くの地域で活動が報告され、一部の国々で優勢な型となっていた。」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flu-iasrf/3541-fr3991.html

という状況で、このA(H1N1)pdm09ウイルスというのが2009年に流行した新型インフルエンザウイルスです。


この冬のワクチンでは、このA(H1N1)pdm09ウイルスとA(H3N2) 亜型ウイルスに対するワクチンが作製され、摂取されることになると思います。(って去年もそうだったはずですが)

ありふれた脅威になってしまいました。

これは歓迎すべきことです。よかったです。


その一方で、まだまだ、気を抜けないウイルスの小流行は次々に報告されています。

「動物由来のインフルエンザウイルス〔A(H5N1), A(H3N2) variant (v), A(H1N1)v, A(H1N2)v, A(H7N3), A(H9N2)〕感染:2011年9月19日~2012年2月15日に、A(H5N1) ウイルスのヒト感染例が、養鶏所での高病原性インフルエンザA(H5N1)がみられているカンボジア、中国、エジプト、インドネシアから15例(うち死亡8例)報告された。2003年12月からの累計では、15カ国から620例(うち死亡367例)が報告されている。」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flu-iasrf/3541-fr3991.html


鳥インフルエンザH5N1、このほかにもマイナーな流行ですがH7N9などの新型ウイルスの鳥から人への感染が報告されています。

これらがA(H1N1)pdm09ウイルスやA(H3N2) 亜型ウイルスに感染している人に感染した場合、遺伝子は容易にまじりあって人から人へ感染するウイルスになる可能性は依然残されています。

特にH5N1が最初に人に感染して状態ですでに人で流行を繰り返していたH3N2よりも、2009年から仲間入りしたH1N1の方が未知なだけに、動物由来のものと重複感染した時の変化は注意すべきです、ヒトへの感染力を容易に獲得させてしまうかもしれない。

そうなった時には高い毒性を残したままである可能性が高い。


ということで、2009年のH1N1はもう忘れてもよさそうな存在になりつつありますが、ほかにも怖いウイルスはあるので、常にニュースなどをきちんと聞いて速やかに対応すること、よろしくお願いします。


コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/18(金) 12:21 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/25(金) 02:08 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/09(土) 10:34 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/23(土) 03:45 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/31(日) 20:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/83-76f31b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。