新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妊婦の新型インフルエンザウイルス感染は急性肺炎などの重症化を招きやすいことはよく知られています。

それで、以前は行政も医療も及び腰であった妊婦へのタミフルなどの抗インフルエンザ薬投与が今では積極的に行われています。

さて、妊婦さんが重症化しやすくて抗インフルエンザ薬を飲まなければならないことはコンセンサスが得られたとして、胎児の問題はどうなっているのでしょうか?


新型インフルエンザに感染した妊婦さんから胎児にインフルエンザが感染することはないのでしょうか?


これに対する結論は、まだ出ていません。

実際に妊娠中にインフルエンザに感染した人の血液、生まれた赤ちゃんの臍帯血、出産後の女性の血液、生後半年程度の赤ちゃんの血液、これらについて詳細に検討する必要があります。

実際に感染が伝染したかどうかの検討をある程度の人数について調査しないことには正確にはわかりません。


でも、一つ言えることは、これまでのところ、妊娠中にインフルエンザに感染したお母さんから生まれた赤ちゃんが生まれてすぐにインフルエンザの症状で悩まされると言うケースの報告は未だ見当たらないと言うことです。



では、季節型のインフルエンザはどうなのでしょうか?

経胎盤感染がないのかどうかの検討が実は最近になってなされています。

2000年のBJOG(産婦人科の学術誌)に載っている論文で、以下のものです。


Influenza virus infection in the second and third trimesters of pregnancy: a clinical and seroepidemiological study

BJOG: An International Journal of Obstetrics & Gynaecology

Volume 107, Issue 10, Pages 1282-1289

http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/119051525/main.html,ftx_abs#ss3


ここでは1600人以上の妊婦さんの血清検査から、182人の(11%)インフルエンザ感染者を発見し、出産前後でいろいろ検討しています。

結論から言うと、季節性インフルエンザの経胎盤感染は確認できなかったというものです。

インフルエンザ感染に伴って出現する自己抗体も胎児には移行していないと考えられました。


つまり、季節性インフルエンザの垂直感染はおそらくないだろうと考えられます。

フェレットなどの人のインフルエンザに感染する動物を使った実験では経胎盤感染が確認されているので、動物実験がそのまま人間にあてはめられない一つのケースであると考えていいでしょう。


では、新型インフルエンザH1N1は???

私の推測ですが、季節性インフルエンザとめちゃくちゃ遠い姿ではない今回の新型インフルエンザH1N1もおそらくそう考えてよさそうです。

胎盤感染があったとしても軽症で終わっているか、ごくまれなケースでしかなさそうに思えます。


しかし、鳥インフルエンザのH5N1では中国での死亡後の解剖で妊婦の子宮の中の胎児の臓器でもその増殖が認められたことが報告されています。

新型インフルエンザの感染臓器に関する、症例数を集めた詳細な検討や、感染拡大経路に関する前向きの研究はまだ報告されてないこと(報告しようがありませんが^^;)などから、新型インフルエンザも絶対に季節性インフルエンザと同等に安全かと言われればわからない。

残念ながらそういう段階でしかありません。


これからの症例報告を待ちたいと思います。
スポンサーサイト


関連タグ : 新型インフルエンザ, 母子感染, 経胎盤感染, 季節性インフルエンザ, 鳥インフルエンザ,

サイトカインストームの治療に関して、訂正します。


申し訳ありません。

鳥インフルエンザに関してのWHOからの臨床取り扱い指針が2007年に出ていました。


その中に、ステロイドの大量投与療法は有効性が認められない、

二次感染などの良くない影響を引き起こすことが多いとの記述がありました。


[サイトカインストームへのステロイドの適用は脳症と鳥インフルで異なる。]の続きを読む

関連タグ : 鳥インフルエンザ, WHO, 治療のガイドライン, ステロイド大量投与, 二次感染, インフルエンザ脳症, サイトカインストーム,


鳥インフルエンザによる全世界の感染確定者数が先月末で400人を超えました。

そして死者数は254人に達しています。

致死率は63%を超えています。

恐ろしい病気だ、と思うのと同時に、おや?と思う部分があります。


WHOの発表した資料を見るとそれがよくわかるのですが、感染者数や、致死率が国によって非常に偏っているのです。

Cumulative Number of Confirmed Human Cases of Avian Influenza A/(H5N1) Reported to WHO
↑ ↑ ↑
英語ですが、図表ですからわかると思います。


圧倒的に被害を受けているのがインドネシアです。

少し詳しく見て、意味を考えてみましょう。



[鳥インフルエンザに感染しやすい遺伝子を持つ人々]の続きを読む

関連タグ : 遺伝子変異, 鳥インフルエンザ, インドネシア, 致死率, 偏り,



野鳥が大好きな人には申し訳ありませんが、近づかない方がいいとい言うのが現時点での世界中の疫学関係者の共通した意見です。

強毒性鳥インフルエンザウイルスは鳥にとっても脅威です。

日本や韓国でも鶏が多数死んでいることからわかるように、感染が爆発すると手に負えません。

白鳥や鴨の間でも致死的な病気であると知られています。しかし、彼らの中にはそれをある程度克服して生き延びている個体もいると考えられています。

鳥の間ではインフルエンザウイルスは糞便を経由して経口感染しますので、水鳥の間で感染するのですが、それが全身に広がるまでの時間には個体差があるようで、抵抗力の強い水鳥の場合は病気にかかりながらもなんとか移動しながら世界各地に散らばる力があるというわけです。


[野鳥には近寄らない方がいいのでしょうか?]の続きを読む

関連タグ : 野鳥, 愛鳥家, 鳥インフルエンザ, 白鳥, 餌付け,



インフルエンザウイルスが感染しやすくなるのは冬です。

インフルエンザウイルスの感染力が高まるのが気温が10度以下で湿度が55%以下と言うのが一つの目安だからです。

だから乾燥して寒い冬にはインフルエンザがはやりますし、逆にマスクをしたり、室内にタオルを干すのも、マスクのガーゼや室内の湿度を高めることでインフルエンザウイルスに罹りにくくなります。

つまりウイルスが乾燥した室内を漂って、湿っている人間の気道上皮に到達する前に、湿っているマスクやタオルにとらえてしまうことが感染予防に効果的なわけです。

気温を22度以上で、湿度を60%以上に保つことが冬場のインフルエンザの感染予防では推奨されています。


[熱帯に住めば感染しませんか?]の続きを読む

関連タグ : 亜熱帯, 熱帯, 鳥インフルエンザ, ベトナム, インドネシア,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。