持病がない死亡例、と、ひとくくりに報道するのはやめてほしいです。

ここでは、「持病がない死亡例、と、ひとくくりに報道するのはやめてほしいです。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これまでの国内のマスコミの報道を見る限り、新型インフルエンザ感染が原因で亡くなった方の報道は眉に唾をつけてみる必要があります。

12例目の死亡例とされたままの大阪の45歳の男性は、虚血性心疾患が死因であるとの報道があったはずです。

それなのに、沖縄で亡くなった24歳の女性の死亡例と今だにいっしょくたに扱われて、持病がなくて新型インフルエンザで亡くなった人は2例あるかのような報道姿勢。

いったいいつになれば正しい報道姿勢になってくれるやら。


ええ、もちろん沖縄の女性の死因は新型インフルエンザの重症化が原因と疑われる、でいいと思います。

つまり、持病がなくても重症化し、致死の症例があると言うことです。


新型インフル 持病ない24歳死亡 死者13人目、国内最年少

9月16日7時56分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000039-san-soci

 厚生労働省は15日、沖縄県で新型インフルエンザに感染した持病のない女性(24)が死亡したと発表した。死者は13人目。女性は肺炎で入院後に意識不明となり、死因はくも膜下出血だった。国内の死者では最も若く、持病

のない人の死亡は2例目。

 厚労省などによると、女性は8月26日に発熱。医療機関でリレンザ投与を受けたが高熱が続いたため31日に入院。肺炎を発症しており、詳細(PCR)検査で新型の感染が確認された。人工呼吸器を装着して集中治療を受けたが、9月9日にくも膜下出血を起こした。


これはどうみてもウイルス感染により、呼吸器症状、肺炎が急速に重症化した症例です。

多くの高校生や若い成人ではウイルス感染は軽症にとどまるのに、この女性でなぜこんなに急速な重症化が進んだのか?

何か体質的な問題(遺伝子配列の問題)で「サイトカインストーム」と呼ばれる状況が発生したのかもしれません。


体質的な問題に関しては以前も書きましたが、H5N1インフルエンザに感染した場合の致死率が国によって大きく異なることから言っても、何か新型インフルエンザ感染で重篤化してしまうSNPを持っている人が存在する可能性が高いように思われます。

あくまでも私の推測で、文献的な考察を基に書いているものではないことをお断りしておきますけれども。



関連タグ : サイトカインストーム, 致死, 死亡例, 新型インフルエンザ, 沖縄の女性,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/18(金) 21:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/80-e251bf6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。