新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妊婦の新型インフルエンザウイルス感染は急性肺炎などの重症化を招きやすいことはよく知られています。

それで、以前は行政も医療も及び腰であった妊婦へのタミフルなどの抗インフルエンザ薬投与が今では積極的に行われています。

さて、妊婦さんが重症化しやすくて抗インフルエンザ薬を飲まなければならないことはコンセンサスが得られたとして、胎児の問題はどうなっているのでしょうか?


新型インフルエンザに感染した妊婦さんから胎児にインフルエンザが感染することはないのでしょうか?


これに対する結論は、まだ出ていません。

実際に妊娠中にインフルエンザに感染した人の血液、生まれた赤ちゃんの臍帯血、出産後の女性の血液、生後半年程度の赤ちゃんの血液、これらについて詳細に検討する必要があります。

実際に感染が伝染したかどうかの検討をある程度の人数について調査しないことには正確にはわかりません。


でも、一つ言えることは、これまでのところ、妊娠中にインフルエンザに感染したお母さんから生まれた赤ちゃんが生まれてすぐにインフルエンザの症状で悩まされると言うケースの報告は未だ見当たらないと言うことです。



では、季節型のインフルエンザはどうなのでしょうか?

経胎盤感染がないのかどうかの検討が実は最近になってなされています。

2000年のBJOG(産婦人科の学術誌)に載っている論文で、以下のものです。


Influenza virus infection in the second and third trimesters of pregnancy: a clinical and seroepidemiological study

BJOG: An International Journal of Obstetrics & Gynaecology

Volume 107, Issue 10, Pages 1282-1289

http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/119051525/main.html,ftx_abs#ss3


ここでは1600人以上の妊婦さんの血清検査から、182人の(11%)インフルエンザ感染者を発見し、出産前後でいろいろ検討しています。

結論から言うと、季節性インフルエンザの経胎盤感染は確認できなかったというものです。

インフルエンザ感染に伴って出現する自己抗体も胎児には移行していないと考えられました。


つまり、季節性インフルエンザの垂直感染はおそらくないだろうと考えられます。

フェレットなどの人のインフルエンザに感染する動物を使った実験では経胎盤感染が確認されているので、動物実験がそのまま人間にあてはめられない一つのケースであると考えていいでしょう。


では、新型インフルエンザH1N1は???

私の推測ですが、季節性インフルエンザとめちゃくちゃ遠い姿ではない今回の新型インフルエンザH1N1もおそらくそう考えてよさそうです。

胎盤感染があったとしても軽症で終わっているか、ごくまれなケースでしかなさそうに思えます。


しかし、鳥インフルエンザのH5N1では中国での死亡後の解剖で妊婦の子宮の中の胎児の臓器でもその増殖が認められたことが報告されています。

新型インフルエンザの感染臓器に関する、症例数を集めた詳細な検討や、感染拡大経路に関する前向きの研究はまだ報告されてないこと(報告しようがありませんが^^;)などから、新型インフルエンザも絶対に季節性インフルエンザと同等に安全かと言われればわからない。

残念ながらそういう段階でしかありません。


これからの症例報告を待ちたいと思います。
スポンサーサイト


関連タグ : 新型インフルエンザ, 母子感染, 経胎盤感染, 季節性インフルエンザ, 鳥インフルエンザ,

新型インフルエンザ感染による死亡例を含む重症例について

具体的な経過などが厚生労働省から発表されました。

症例数は多くありませんが、感染初期には簡易検査で陰性の結果が出るなど、大変興味深い話です。


新型インフルの重症例、厚労省がHPで公表

9月21日22時20分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000709-yom-soci

 厚生労働省研究班(分担研究者=川名明彦・防衛医大教授)は、国内で確認された新型インフルエンザによる重症患者の代表的な症例をまとめ、厚労省のホームページに公表した。

 診療にあたる医師が情報を共有するために作成した。とり上げた6例中4例は、感染を調べる簡易検査で陰性の結果が出るなど、初期診断の難しさが示された。6例は4~60歳代の男女で、詳しい経過や治療方法を紹介している。主な症状は気管支ぜんそくの重症発作、急性脳症(2例)、肺炎(3例)。


これは医療機関にとっては大変ありがたいことです。

これらの臨床経過を念頭に重症化する可能性のある症例に対応できます。

新型インフルエンザ感染による劇症症例が最悪の事態に落ちることを避けるために大変重要なポイントです。



いくつかのブログなどで新型H1N1は季節型とたいして変わらないと紹介されていますし、感染者数に比べると死亡者数も非常に少ないのですが、決して甘くみられるべきウイルスではないようです。

ここでも書きましたが、南米での新型インフルエンザ感染確定例での死亡率は1%前後あります。

20世紀のパンデミックでは1918年のスペイン風邪が2%、1957年のアジア風邪が0.5%でしたが、それは今よりもずっと医療事情が悪かった時代の話です。


アルゼンチンの都市部の医療環境や、最先端の病院の医療技術は日本となんら変わらないはずです、それなのにどうして南米では死亡率がこんなに高くなるのでしょうか?

南米の現代の医療事情、よくは知りませんが、どうやら貧困層の医療受診事情がこの死亡率の高さを生み出すようです。

受診したときにはもうタミフルやリレンザの効かない状態で、しかも肺炎が悪化してしまっている状態にある人が多いというのが死亡率の高い国のその理由のようです。


南米の中でもチリでは死亡率が低く、この国では抗インフルエンザ薬による治療が早期から行われているようです。

保健医療で抗インフルエンザ薬投与ができるかどうかが、そのままその国のインフルエンザ感染による致死率に反映されるようですね。

保健医療を受けられる人の比率、日本はずば抜けて高い国ですから、アルゼンチンやメキシコと同じには考えなくていいと思います。

日本で医療を受けることができれば結果的には季節性インフルエンザと変わらない死亡率になると思います。


だとしても、対応が遅れると怖い病気であることは忘れないようにしましょう。

体力のある人は寝ていれば治る病気のように見えていますが、実際そういう人が多いのですが、元気な小学校高学年の児童でも、20代の大人でも、急速に呼吸器症状が重篤化するときはあります。

けっして季節性インフルエンザと同程度の怖さではありません。

身近に患者が出たなど、インフルエンザ感染が疑われる状況の発熱や呼吸器症状であれば、発症後2日以内の医療機関の受診をお勧めします。



これに関して、感染症学会のホームページから以下のような記載を見つけたので転載します。
(と言うか、記事の参考にさせていただきました。)

臨床の現場の友人から聞く話と完全に一致する内容ではありませんが、大いに参考になる話です。


(2)新型インフルエンザS-OIVは「弱毒」ではありません

 2009年5~6月の関西地区の流行後、夏にかけて一時的に発生数が一段落したこともあってわが国ではS-OIVを楽観視するような論調も見られました。すなわち、S-OIVは「弱毒」性であって通常の季節性インフルエンザと変わらないので厳重な対応策は緩めてもよい、という意見です。しかし、 S-OIV H1N1が「弱毒株」というのはウイルス学的にも誤りです。「弱毒」や「強毒」というのは鳥インフルエンザに関してのウイルス学の用語です。鳥のインフルエンザの赤血球凝集素(hemagglutinin:HA)には、抗原亜型がH1からH16まであり、そのうち、H5とH7亜型の一部のウイルスで、遺伝子内部に特徴的な配列を持つものが「強毒株」であって、それらに感染したニワトリはほとんどが死亡します。一方、その他は「弱毒株」です。しかし、ヒトのインフルエンザウイルスにはH1からH3までの3亜型が知られているだけで、ウイルス学的に「強毒株」とか「弱毒株」という区別はありません。わが国のマスメディアでは、臨床的にvirulenceが弱い、臨床的に軽いという意味で「弱毒」と言う言葉を使っているようですが、その使い方自体が誤りであるだけでなく、S-OIVの重症度は以下に示すように少なくともmoderate(中等度)であり、季節性と同じようなmild(軽度)なものではありません。近い過去に人類が経験した(当時の)新型インフルエンザであるいわゆるアジアかぜや香港かぜの出現当時と同じようなレベルの重症度であると考えなければなりません。
 本年8月以降、わが国でも各種の基礎疾患を有する感染例に死亡が見られ始め、若年層にも被害が出始めていますが、従来の季節性インフルエンザは高齢者を中心にして0.1%前後の致死率であるのに対し、今回のS-OIVは本来健康な若年者が中心でありながらWHOの発表5)では未だに1%近い致死率を示しています。メキシコや米国、最近では南米などの被害が大きく、1%をはるかに超える致死率が報告されている国もあります。このことからも、S-OIVは決して軽症とは言えません。しかも、前回の緊急提言でも述べたように本年の秋以降には大規模な発生が起こり、1~2年で全国民の50%以上が感染することも予想されているのです。「弱毒」と侮ることなく、万全の対処を準備しなければなりません。

http://www.kansensho.or.jp/news/090914soiv_teigen2.html#n02


これから秋に入り、冬を迎えます。

冬場のインフルエンザ感染の怖さは、ウイルスで荒れてしまった気道上皮で発生する二次感染による肺炎や気管支炎です。

そういう季節に向けて、早め早めの対策は大事だと考えます。

パニックになったり恐怖におびえる必要はありませんが、なめてかからないようにお願いします。



関連タグ : 死亡率, 重症化, 新型インフルエンザ, アルゼンチン, 季節型, 新型H1N1,

これまでの国内のマスコミの報道を見る限り、新型インフルエンザ感染が原因で亡くなった方の報道は眉に唾をつけてみる必要があります。

12例目の死亡例とされたままの大阪の45歳の男性は、虚血性心疾患が死因であるとの報道があったはずです。

それなのに、沖縄で亡くなった24歳の女性の死亡例と今だにいっしょくたに扱われて、持病がなくて新型インフルエンザで亡くなった人は2例あるかのような報道姿勢。

いったいいつになれば正しい報道姿勢になってくれるやら。


ええ、もちろん沖縄の女性の死因は新型インフルエンザの重症化が原因と疑われる、でいいと思います。

つまり、持病がなくても重症化し、致死の症例があると言うことです。


新型インフル 持病ない24歳死亡 死者13人目、国内最年少

9月16日7時56分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000039-san-soci

 厚生労働省は15日、沖縄県で新型インフルエンザに感染した持病のない女性(24)が死亡したと発表した。死者は13人目。女性は肺炎で入院後に意識不明となり、死因はくも膜下出血だった。国内の死者では最も若く、持病

のない人の死亡は2例目。

 厚労省などによると、女性は8月26日に発熱。医療機関でリレンザ投与を受けたが高熱が続いたため31日に入院。肺炎を発症しており、詳細(PCR)検査で新型の感染が確認された。人工呼吸器を装着して集中治療を受けたが、9月9日にくも膜下出血を起こした。


これはどうみてもウイルス感染により、呼吸器症状、肺炎が急速に重症化した症例です。

多くの高校生や若い成人ではウイルス感染は軽症にとどまるのに、この女性でなぜこんなに急速な重症化が進んだのか?

何か体質的な問題(遺伝子配列の問題)で「サイトカインストーム」と呼ばれる状況が発生したのかもしれません。


体質的な問題に関しては以前も書きましたが、H5N1インフルエンザに感染した場合の致死率が国によって大きく異なることから言っても、何か新型インフルエンザ感染で重篤化してしまうSNPを持っている人が存在する可能性が高いように思われます。

あくまでも私の推測で、文献的な考察を基に書いているものではないことをお断りしておきますけれども。



関連タグ : サイトカインストーム, 致死, 死亡例, 新型インフルエンザ, 沖縄の女性,

塩野義製薬が開発中の抗インフルエンザ薬については、他の製薬会社が開発中の複数の新薬とともにこのブログでも取り上げました。

新しい抗インフルエンザ薬候補がゾクゾク開発中

その塩野義のベラパミルの臨床試験の効果が報告されました。

点滴薬なので病院でしか投与できませんが、1回だけで済むことから利便性は良好なようです。


試験中インフル新薬、「季節性」にタミフル並み効果

9月14日22時54分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00001149-yom-sci

 塩野義製薬(本社・大阪市)が来年中の販売を目指して開発中のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」を、季節性インフルエンザの患者に投与すると、タミフルに匹敵する効果があることが、同社の臨床試験でわかった。

 新型を含めたインフルエンザの新たな治療の選択肢として期待される。米国で開催中の米微生物学会で報告された。

 日本と韓国、台湾の1099人の季節性インフルエンザ患者を対象にした臨床試験で、1回の投与でタミフルを5日間服用したのとほぼ同じ期間で回復した。


これで、アマンタジン、タミフル、リレンザに次ぐ第四の抗インフルエンザ薬が市場に出回りそうですね。

さて、それではインフルエンザワクチンを打つのと抗インフルエンザ薬を打つのとどちらがより効果的なインフルエンザ対策なのでしょうか?

これはどちらも並列で準備して対策に当たりたいものですね。


インフルエンザワクチンはもともと、感染を阻止できる薬ではありません。

感染しても速やかに免疫系が働いてインフルエンザウイルスにより臨床症状の急激な悪化を抑えてくれるだけです。

被害を少なくできる予防薬です。


抗インフルエンザ薬は、これもまた、飲めば治る、というものではなくて、基本的にはウイルスが細胞の外に出てくるところをたたいてその増殖を抑える薬です。

被害を少なくできる頓用薬です。


どちらも単独で完全な薬ではありませんし、どちらも予想と外れたり、耐性が出たりで、ウイルス側が変わってしまったことにより空振りでまったく効かないこともあります。

二つ合わせて備えるのが、最善の策でしょう。




でも、もっと良い対策があります。


それはインフルエンザに対する知識を学び、理論に従って冷静に予防策をとること、

そしてひとりひとりが感染拡大を防ぐ努力をすることです。


予防策など

うがいではなくて手洗いをきちんとやる、

仕事の無理が重なったら飲んで憂さをはらすのではなくて、早めに休む、

流行期には人混みをできるだけ避け、マスクで防衛する、


感染拡大を防ぐ対策など

かかってしまったら無理しないで指定された期間は休む、

自分の都合で夜中に救急病院に行かない(サッカーの国際Aマッチのテレビ放映終了直後には救急外来受診者が一気に増えます。)、

インフルエンザ患者と接触した後に風邪症状がある場合は症状が軽くても休む、



みんながそういう当たり前のことを当たり前に行動してくれれば、2009年の新型H1N1インフルエンザは対して怖い病気ではありません。

(鳥インフルエンザH5N1が今の毒性のままでパンデミックになったときにはまったく違う強度の対策が必要になってくると思いますが、それはまだ仮定の段階です。)



関連タグ : タミフル, リレンザ, 新型インフルエンザ, ベラパミル, インフルエンザワクチン,

新型インフルエンザ(A型H1N1)の感染、20歳以下の子供が多いことはずいぶん言われてきた。

親せきの開業医が所属している関西某地区の医師会から回ってくる感染者情報でも8割が子供で、大人が混じっていても30歳以下が主だと言う。

それは日本だけでなく、日本よりも先行して感染が広がったアメリカの統計でも子供が感染しやすいという統計が出たようだ。


新型インフル感染率、子供は高齢者の14倍

8月28日14時48分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000760-yom-sci

 【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は27日、5~14歳の子供は60歳以上の高齢者に比べ14倍も新型インフルエンザにかかる可能性が高いとする報告を発表した。

 報告によると、7月25日までにシカゴ市の保健当局が確認した新型インフルエンザ感染者1557人のうち、最も多いのが5~14歳の624人で、この年代の人口の0.14%に上ったのに対し、60歳以上は41人でこの世代の0.01%にすぎなかった。

 入院する割合も子供で高く、報告は「子供を重点に予防や治療にあたる必要があることが裏づけられた」としている。


さて、それではなぜ子供でばかり感染がおこりやすいのだろうか?

子供が集団生活をするという生活様式による理由だけでは説明できない。

なぜなら、季節型インフルエンザにおいてはここまで子供に偏って発生する現象が見られないからである。


ここで注目すべきは60歳以上の高齢者に比べて感染しやすいという表現だ。

通常の季節型インフルエンザなら60歳以上の高齢者もまた格好のターゲットである。

ところが、高齢者はかかりにくい。


さらに面白いのは(不謹慎な表現で申し訳ないが)、新型インフルエンザに対する抗体を90歳以上の高齢者が持っているという報告である。

90年前と言えば、1918年から1919年にかけてスペイン風邪が流行して世界中で8000万人以上が亡くなったというあの時代を経験しているわけだ。

そしてスペイン風邪は今回の新型と同じくH1N1タイプのA型インフルエンザだった。


インフルエンザは非常に変異の起こりやすいウイルスで、それゆえに毎年毎年、同じH1N1型やH3N2型が感染を繰り返す。

とはいっても、一度感染したことのあるウイルスそのものや、それに近い方のウイルスに対しては人々は免疫力を持っているものだ。

そしてそれは90年たっても免疫記憶として体内のリンパ節や脾臓で保存されているわけだ。


つまり、今回の新型インフルエンザだが、1918年のスペイン風邪のH1N1によく似ているだけでなくて、60歳以上の人たちが生きていた時代に何度か流行したインフルエンザウイルスによく似ているのだろうとおもわれる。

しかしそのH1N1は年を経るごとに変異を繰り返して、1918年の形からずいぶん遠ざかってしまっていたのが、たまたま今回、豚や鳥のウイルスと混ざることで再びよく似た抗原性を持って出現してしまった。

だから、高齢者ほど、今回の新型インフルエンザによく似たウイルスに感染した経験があり、かかりにくくて、遠い時代の果てにいる現代の小児たちは残念ながら免疫を全く持っていないというわけだ。


もちろん、全員が同じように抗体を持っているわけでもないし、全員の免疫機能が同じレベルではないから、若くてもかかりにくい人もいれば、年をとっていてもかかって重症化する人もいる。

歴史は本当に繰り返すのだなあと思うし、ウイルスが取りうるパターンにも限りがあるのだろうなと思う。

そう考えれば、100年後ぐらいには全てのインフルエンザウイルスのパターンについて、人類は本当の万能ワクチンを持っているのかもしれない。


夢のような話だけど。


関連タグ : 新型インフルエンザ, 高齢者, スペイン風邪, 万能ワクチン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。