新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



H1N1タイプの新型ワクチンの感染拡大を受けて、それに向けたワクチン導入が進められている。


通常であれば一定数の試験接種を行い、副作用や抗体産生の有無を確認する作業が施行される。

2008年から2009年にかけて世界中で鳥インフルエンザH5N1に対するプレパンデミックワクチン接種が医療従事者に対して行われたのは周知のとおりである。

日本での副作用は発熱や発赤だけで後遺障害の残るような重篤な副作用の報告はなかったと記憶している。


これに対して、今回のH1N1に対する新型ワクチンはいきなり医療従事者や感染症が重症化しやすい人々へ向けて接種される予定である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000031-mai-soci

<新型インフル>ワクチン優先接種「ほぼ合意」厚労相

9月1日11時38分配信 毎日新聞
 新型インフルエンザワクチンを巡り、舛添要一厚生労働相は1日の閣議後の記者会見で、優先接種の対象として▽医療従事者▽妊婦▽基礎疾患(ぜんそく、糖尿病など)のある患者▽乳幼児▽生後6カ月未満の乳児の母親--を挙げ「(専門家の間で)ほぼコンセンサス(合意形成)ができつつある」と述べた。政府の専門家諮問委員会などで基礎疾患の範囲などの詳細を詰め、今月中に正式決定する。


予備接種(言い換えれば人体実験)なしにたくさんの人々に接種すると、さまざまな問題が起こるかもしれない。

一つ危惧されているのが、ギラン・バレー症候群。


末梢神経が自分の免疫系に攻撃されて脱髄していき、手足に力が入らなくなるどころか、呼吸筋の神経が侵されれば呼吸停止で死んでしまいかねないという病気である。

一過性で数週間で完全に治る場合もあるが、免疫系が攻撃する細胞次第では治りきれなくて後遺障害が残る場合もある。

また、何度も再発する人もいるようだ。


最近もこの名前、ニュースか何かで聞いたなと言う人も多いだろう。

昭和の大女優の大原麗子さんが先日亡くなったが、その晩年に患っていたのがギラン・バレー症候群だ。

手足に力が入らなくて四つん這いで部屋の中を移動していたとうかがう。



1976年に米軍内で豚インフルエンザのヒト感染爆発があった。

数百人が一気に感染して、これはスペイン風邪の再来、パンデミックにつながるかもしれない、ということで大急ぎでワクチンが作られた。

このときには製薬会社の圧力もすごかったという噂もあるが、ともかく一気に4000万人に接種された。


そしてかなりの数の接種者がギランバレー症候群に悩まされた。

入院するような重篤な例として報告されているのは約500人で、呼吸不全の処置が間に合わなかったりして亡くなったのが25人。

およそ80000人に一人の確率で副作用が発生している。


今回のH1N1インフルエンザも豚由来のウイルスであり、同様な副作用が起こることが危惧されている。

予備接種という人体実験も間に合わないのだし。


・・・だが、これ、怖がってもしょうがない。

実は、季節性インフルエンザのためのワクチン接種であっても100000人に一人以下の確率だが、ギラン・バレー症候群は発生している。

さらに言えば、季節性インフルエンザ感染そのものでも後遺障害としてギラン・バレー症候群が起こることが示唆されているのだ。


つまり、インフルエンザウイルスの構造の一部が末梢神経の構造に似ていて、感染したり、ワクチン接種されることで自己免疫病を引き起こす人が、非常に低い確率でありながら存在するということだ。

ギラン・バレー症候群自体が細菌のキャンピロバクター感染や、ウイルスのサイトメガロウイルス感染が契機となって引き起こされることは報告されており、同様にそれらの構造の一部がヒトの末梢神経の表面抗原と似ていることが原因であると言われている。

同じように、インフルエンザウイルスでもこれは引き起こされてしまう。



ギラン・バレー症候群だが、今のところ、防ぎようはない。

そもそも、サイトメガロウイルス感染も、インフルエンザウイルス感染も、ものすごい数のヒトが感染しているのに、ごく一部の人しかこの副作用を引き起こさない。

こうなってしまう可能性は二通り。


一つは、なにか合併している感染症やそれまでの免疫刺激の蓄積が感染症を契機として自己免疫を誘導していしまったこと。
(未解明の外部要因の存在)

もう一つは、その人個人の遺伝子配列、つまり生まれ持った体質により発症しやすいヒトが存在すると言う可能性である。


これらは可能性として推測されているのみで、まだわかっていないが、これがわかれば、そしてそれが薬剤で制御できるものであるならば発症を予防できる道が開けているだろう。


結局、新型インフルエンザワクチンの接種によるギラン・バレー症候群発症のリスクはどのぐらいかと言うことだが、これまでに世界中で百万人以上が感染していると思わる状態で、その感染によるギラン・バレー症候群発症の報告は未だない。

ということからすると、季節型程度の頻度でしかこの合併症は起こらないのではないだろうか(推測)。

それならば、毎年用意されている季節性インフルエンザ感染のワクチンを受けて生じる副作用としてのギラン・バレー症候群の発生頻度と同じ程度であろうと思われる。


新型インフルエンザに感染すると0.5%の人が亡くなるとされている。

亡くなった方の多くはハイリスクと呼ばれる集団に属していて、ここだけ見ると数%の致死率だ。

どう計算したところで1%は超えているだろう。


そうするとハイリスクである妊婦さん、6歳以下の乳幼児、呼吸器疾患合併患者、腎臓疾患合併患者、癌やHIV感染などで免疫力が低下した人、これらの人々は絶対に接種しておいた方がよい。

十万人に一人が発症するギラン・バレー症候群のリスクを避けるのと、100人に一人以上が死ぬインフルエンザ感染の重症化をまぬがれるのとでは、比較するまでもなく、死ぬのを避けた方が賢明である。

でも、どちらのリスクをとるのか、最後に判断するのはあなた自身だ。
スポンサーサイト


関連タグ : ギラン・バレー症候群, 新型インフルエンザワクチン, 副作用, サイトメガロ, キャンピロバクター, 自己免疫,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。