新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフルエンザ(A型H1N1)の感染、20歳以下の子供が多いことはずいぶん言われてきた。

親せきの開業医が所属している関西某地区の医師会から回ってくる感染者情報でも8割が子供で、大人が混じっていても30歳以下が主だと言う。

それは日本だけでなく、日本よりも先行して感染が広がったアメリカの統計でも子供が感染しやすいという統計が出たようだ。


新型インフル感染率、子供は高齢者の14倍

8月28日14時48分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000760-yom-sci

 【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は27日、5~14歳の子供は60歳以上の高齢者に比べ14倍も新型インフルエンザにかかる可能性が高いとする報告を発表した。

 報告によると、7月25日までにシカゴ市の保健当局が確認した新型インフルエンザ感染者1557人のうち、最も多いのが5~14歳の624人で、この年代の人口の0.14%に上ったのに対し、60歳以上は41人でこの世代の0.01%にすぎなかった。

 入院する割合も子供で高く、報告は「子供を重点に予防や治療にあたる必要があることが裏づけられた」としている。


さて、それではなぜ子供でばかり感染がおこりやすいのだろうか?

子供が集団生活をするという生活様式による理由だけでは説明できない。

なぜなら、季節型インフルエンザにおいてはここまで子供に偏って発生する現象が見られないからである。


ここで注目すべきは60歳以上の高齢者に比べて感染しやすいという表現だ。

通常の季節型インフルエンザなら60歳以上の高齢者もまた格好のターゲットである。

ところが、高齢者はかかりにくい。


さらに面白いのは(不謹慎な表現で申し訳ないが)、新型インフルエンザに対する抗体を90歳以上の高齢者が持っているという報告である。

90年前と言えば、1918年から1919年にかけてスペイン風邪が流行して世界中で8000万人以上が亡くなったというあの時代を経験しているわけだ。

そしてスペイン風邪は今回の新型と同じくH1N1タイプのA型インフルエンザだった。


インフルエンザは非常に変異の起こりやすいウイルスで、それゆえに毎年毎年、同じH1N1型やH3N2型が感染を繰り返す。

とはいっても、一度感染したことのあるウイルスそのものや、それに近い方のウイルスに対しては人々は免疫力を持っているものだ。

そしてそれは90年たっても免疫記憶として体内のリンパ節や脾臓で保存されているわけだ。


つまり、今回の新型インフルエンザだが、1918年のスペイン風邪のH1N1によく似ているだけでなくて、60歳以上の人たちが生きていた時代に何度か流行したインフルエンザウイルスによく似ているのだろうとおもわれる。

しかしそのH1N1は年を経るごとに変異を繰り返して、1918年の形からずいぶん遠ざかってしまっていたのが、たまたま今回、豚や鳥のウイルスと混ざることで再びよく似た抗原性を持って出現してしまった。

だから、高齢者ほど、今回の新型インフルエンザによく似たウイルスに感染した経験があり、かかりにくくて、遠い時代の果てにいる現代の小児たちは残念ながら免疫を全く持っていないというわけだ。


もちろん、全員が同じように抗体を持っているわけでもないし、全員の免疫機能が同じレベルではないから、若くてもかかりにくい人もいれば、年をとっていてもかかって重症化する人もいる。

歴史は本当に繰り返すのだなあと思うし、ウイルスが取りうるパターンにも限りがあるのだろうなと思う。

そう考えれば、100年後ぐらいには全てのインフルエンザウイルスのパターンについて、人類は本当の万能ワクチンを持っているのかもしれない。


夢のような話だけど。
スポンサーサイト


関連タグ : 新型インフルエンザ, 高齢者, スペイン風邪, 万能ワクチン,

インフルエンザワクチン開発に関するワクワクするニュースです。

アメリカの科学雑誌サイエンス(Science)の2009年4月10日の分に掲載された論文ですが、インフルエンザ万能ワクチンを樹立できそうであるという報告です。

変化を繰り返すインフルエンザワクチンのどんな部分に対して抗体を作ればいいのかを、人の体に聴いてみようと言うものです。



[人の抗体遺伝子解析からインフルエンザ万能ワクチンを樹立]の続きを読む

関連タグ : 万能ワクチン, インフルエンザ, スペイン風邪, CR2621, サイエンス,

厚生労働省の研究班がインフルエンザウイルスに対する万能ワクチンを開発したという話が華々しく出ていました。

開発にかかわった研究者たちも嬉しく思っているかと思います。

ただ、これ、実用化に向けての詳細はどうなのでしょうか?


実はこの話が最初に出たのは私の記憶が正しければ1999年のことで・・・

調べてみました、1999年のNature Medicineというジャーナルでベルギーのゲント大学の研究室から発表されていました。

ターゲットとなるのはウイルスコアの部分のM2という領域で、抗インフルエンザ薬の一種のアマンタジンのターゲットになる部分です。


[万能ワクチンは10年前にも報告されていますが?]の続きを読む

関連タグ : M2, M2タンパク, アマンタジン, 万能ワクチン, FDA, インフルエンザワクチン, ウィスター研究所, ゲント大学,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。