パンデミック・インフルエンザの症状とその対策

ここでは、「パンデミック・インフルエンザの症状とその対策」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


厚生労働省主導の5月の水際阻止作戦失敗(海外で笑い物にされたあれ)から3か月、新型インフルエンザは着々と世界中に広がっています。

冬を迎える南半球での広がりは予測された通りに進みました。

例えばアルゼンチンではこれまでに推定40万人が感染し、確定例およそ13000人のうちおよそ1%の130人前後が亡くなっています。


アメリカやカナダの4月から6月の統計から死亡率は0.5%と推定されたという話がありますが、アルゼンチンでの確定症例だけでみれば死亡率は1%です。

つまり、肺炎や気管支炎を合併しやすい冬の条件では、死亡率はもっと高くなる可能性が否定できません。

通常の季節性インフルエンザが死亡率0.2%と言うことを考えれば、けっこう怖い風邪であることが分かります。


どうせワクチン製造は間に合わないのなら、気候の良い今のうちにかかっておくのも悪くないんじゃないかなんて思ったわけではないだろうが…


新型インフルエンザ 都立50校で集団感染

8月25日1時32分配信 日本テレビ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20090824/20090824-00000064-nnn-soci.html

 東京都立の学校約300校のうち、約50校で新型インフルエンザの集団感染が確認された。

 都教育委員会によると、夏休み直前から新型インフルエンザの感染の連絡が増え始め、都立の高校や中高一貫校約300校のうち、約50校で集団感染が確認されたという。特に、部活動や合宿で感染した例が多く報告されているという。

 東北大学大学院・押谷仁教授によると、「学校閉鎖を積極的にやって地域に広がるのを防いでいくと、流行を完全に抑えることはできないけれども、ピークの患者を減らせる」という。

 押谷教授は「高校生は新型インフルエンザで重症化する割合はほかの年代より低い傾向がある」としながらも、「感染拡大を防ぐため、季節性のインフルエンザより厳しい基準で学校閉鎖をする必要がある」と述べている。


なかなか見事に流行していますね。

東海道線や京浜東北線で暑いのにゲホゲホとせき込む人が結構多いのが嫌だったのですが、まあ、かなりの確率で彼らも新型インフルエンザの感染者だったように思われます。

ということで、かかったらどうすればよいかについておさらいしておきますね。


まず、風邪症状を感じたら、2,3日以内を思い返してみて、咳こんでいた人、下痢をしていた人や熱を出して休んでいる人と接触した記憶がないかどうかたどってください。

それでそういう症状を持つ人が知り合いだったら、電話をかけて確認してみましょう。


「ねえねえ、一昨日会ったときさ、けっこう咳がひどかったじゃない。その後どうよ?」


インフルエンザでしたと言われたら速攻で病院受診すべきですが、そうでなくても、


「家族や同じ職場にも似たような症状の人がいて熱も出ないし、ただの流行り風だと思った」

「高熱が出てしんどかった」

下痢したり、吐き気がひどかったけど、それが終わったらのども痛くなった。」


などの話であれば、受診しておいた方がよいと思います。

ただし、病院によっては妊婦さんがいたりしてインフルエンザ患者さんを極力を避けている場合があるので、受診する前に電話で確認してください。


病院側のわがままではなくて、妊婦さんは感染した場合に重症化する可能性が高いのです。

ほんとうに、あなたの健康だけでなく、みんなの命を守るように、小さなことから気を配ってあげてください。



関連タグ : 新型インフルエンザ, パンデミック, 高校生, 学校閉鎖, 症状,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/75-633b4aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。