新型インフル対策は一般病院受診とする。・・・これでいいのだ。

ここでは、「新型インフル対策は一般病院受診とする。・・・これでいいのだ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフルエンザ騒ぎでいろいろ調べて、こちらにも書いてきましたが、まあ、ほんとに大騒ぎでしたねえ。

最初、情報がほとんどないころには私もここで騒いでいました。申し訳ありません。

4月下旬はほんとに情報が少なかったですもんね。

私のこのブログもアクセス解析で総務省や厚労省関連機関などの政府機関からのアクセスがすごかったので、ほんとに情報を求めてみなさん右往左往していたのだと思います。

最初は過剰反応してしまったのもしょうがなかったと思います。

滑稽な検疫パフォーマンスに、経済支援なき発熱外来設置。


・・・問題はその後ですね。

振り上げたこぶし、連休明けには十分おろせる機会があったと思います。

少なくとも国内で海外渡航に関係ない感染者が見つかった時点ですぐにでも、WHOの指針に従って方針転換すべきだと思ったのですが。


インフル新指針に自治体戸惑い=対策緩和「本当にいいのか」-問答集作成へ・厚労省

6月20日4時59分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000011-jij-soci

 厚生労働省が19日に示した新型インフルエンザ対策の新指針に対し、自治体の間で戸惑いが広がっている。大幅な方針転換に「今までやってきたことは何だったのか」と疑問視する声もあり、同省は問答集の作成について検討を始めた。
 新指針は秋口にも訪れる流行の「第2波」に向け、患者の大量発生を想定。自治体に設置させた専門外来はパンクする可能性があるとし、すべての医療機関を受診できるように改めた。
 これに対し、岩手県の担当者は「2次感染を防ぐため待合室の設置などを求めているが、対応できない診療所が多い」と指摘。現状では不可能とし、指針は当面採用しないという。
 発熱相談センターが受診先を紹介する手順を省略できるようにした点について、同担当者は「既に定着した方法なのに、元に戻せば混乱する」と話す。石川県の担当者も「毎日約100件の相談がセンターに寄せられている。不安が残っているのに、対策を緩めるような印象を県民に持たれないか心配だ」と漏らす。
 感染が疑われる全員に行ってきた遺伝子検査を取りやめ、集団感染の発見に絞る監視態勢への反発もある。大阪府の担当者は「全件把握しないという考え方は本当にいいのか。指針の通りだと学校での集団発生を招くのでは」と疑問を示す。
 岩手県の担当者も「(感染が疑われる生徒が)1人だけなら検査しないという方針では、不安が広がる。保護者の理解は得られない」という。 


記事が一カ月ぶりになってしまったのは、拍車がかかるだけで収拾がつかない行政の混乱ぶりにうんざりしたことがあります。

中でも地方の保健所の信じられない対応に、霞が関の官僚だけでなく地方自治体の行政もこの程度かという失望感が大きくて。

これ以上記事を書くことが混乱に拍車をかけるだけなのかということで自制しました。


で、それから一カ月、ようやく厚労省が振り上げたこぶしを下ろしました。

どうして一カ月以上もかかってしまったのか、まあ、それはともかく、現実的な対策に戻ってきました。


新型インフルエンザが全く怖くない病気であるというわけではありません。

しかし、もはや世界中に蔓延してしまっている今、日本の厚労省が建てたような対策は全く無意味です。

日常の医療活動の中で医療界はこれに対処していくしかないし、国民も覚悟の上で臨んでいただくしかありません。

もう、封鎖できる段階ではないということです。

4月下旬の時点でアメリカのCDCもWHOもそれを宣言していましたが、日本政府だけがそれを認めるのに2カ月かかったということです。)


毎日の生活を見直して、健康な体を作っておくことが、次に来る第二波のパンデミックへの最大の対策ということでしょう。



関連タグ : 新型インフルエンザ, 厚労省, 方針転換, 医療機関, パンデミック, 第二波,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/29(月) 20:36 | | #[ 編集]
> 15歳の初めてのインフルエンザの予防接種を受けたところ、一週間くらい経ってから、目がチカチカして、夜、目を閉じて眠ろうとするときもダイヤモンドが光っているようで、眠れないそうです。また、ゴミのようなものが増えて、見えてきているようです。これは、副作用なのでしょうか?

違うと思いますよ。

書かれている症状から察するに、閃輝暗点のように思えます。
脳の血管の攣縮で起こると考えられているもので、偏頭痛の前兆症状としても知られています。

原因はわかりませんが、ワクチン接種との関連性は私の知りうる限り、ないと思います。


これも3年レスだから書いても無駄ですね、でも書いておきます(^_^;)。
2013/08/13(火) 17:02 | URL | H5N1 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/73-c964ed36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。