公衆衛生を預かる人間としての責任・・・の回避が最優先ってことかな?

ここでは、「公衆衛生を預かる人間としての責任・・・の回避が最優先ってことかな?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフル患者を診た診療所は保健所から休診させられる。。。


昼休みにこのニュースを見たときに目を疑った。

これはちょっとひどい、とても真実とは信じたくないのだけれども。

医療知識のない一般人ではない、公衆衛生の専門家の保健所なのだ。


保健所がこんな対応を取っていれば、

そのうち日本中の診療所が休診するしかなくなるよ。


大阪府八尾保健所 女児診察の医師に休業求める

5月20日1時31分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000518-san-soci

 大阪府八尾市で最初に新型インフルエンザの感染が確認された女児を診察した医師が、感染を拡大する可能性があるとして、府八尾保健所から休業を求められていたことが19日、分かった。同日、大阪市内で開かれた府医師会の会議でも、出席者から「医師に休業を求めるのは過剰反応では」などとの疑問の声が上がった。

 医師は16日、八尾市内の医療機関で小学6年生の女児(11)を診察。17日夜になって保健所から連絡があり、「休むか休まないかは先生の判断ですが、新型インフルエンザが蔓延(まんえん)したら知りませんよ」などといわれたという。このため、医師は八尾市内の医療機関を一時休診にした。

 府八尾保健所は、医師が濃厚接触者に該当するため、「不要不急の外出を控えてほしいということや診察の自粛もあり得ることを説明した」としているが、「保健所からの連絡が影響を与えたと取られても仕方がない」と話している。

 医師は、「女児を診察した後は、念のためにタミフルを服用する予防措置を取っていた」としている。



あんまり腹が立ったので掲載。


医療関係者だって感染を恐れながらも立ち向かっているのだ。

パンデミックでも、ライフラインキーパーと医療関係者には

社会のために働き続けてもらわなければならない。


そのバックアップをするべき保健所がこんなことを言うのは、

前線に送りだした兵士に弾が当たって怪我した可能性があったと見るや、

後ろから狙撃して処分してしまうようなもの。

・・・それも兵の補充がないのを知っていながらね。



保健所にこんな対応を取られてしまうのであれば、

一般病院や診療所は自衛のために、発熱患者の外来を断るしかない。

断ったら「診療拒否」でたたかれるのだろうけれども。


で、がんばって診療して、インフル患者が運悪く来院したら、

感染してようとしていまいともう悪者扱い。

それっきり、なんと、地域の保健所から休診させられる


いつから保健所は、医療崩壊のバックアップするのが仕事になったのですかね?



元のニュース記事にご意見のトラックバックありましたのでご紹介。

新型インフルエンザ患者を診察した医師に休業求める? やはり診ないが勝ち?


関連タグ : 八尾保健所, 新型インフル, 診療所, 休診, 公衆衛生, 専門家, ひどい仕打ち, 医療崩壊,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/21(木) 23:22 | | #[ 編集]
>致死率が高い場合は医者が逃げるか診療拒否しないかも不安になります。
>医者に死ねとは言えませんが収入に合わせた社会的な責任は要求されるでしょう

そうですね、でも、収入に合わせた責任をとるべきだ、ということになると、ほとんどの勤務医と、町の小さなクリニックの開業医は責任を取らなくて済むかもしれませんよ。

一般の人が想像しているほどに医者の仕事は割がよいものではありません。
勤務もしくは束縛されている時間に対していえば、給与は決して高くはありません。

一か月に350時間以上働いて、それでボーナスを合わせた年収にして700~1500万円とかいうのが30代から40代の勤務医の実態でしょう。1か月100万円もらっていると計算しても時給3000円を切ります。
一部上場企業に勤めている40歳の時給、いくらぐらいでしょうか?年収はいくらぐらいでしょうか?年収はたいして変わらないか、業種によってはむしろ良いのではないですか?
少なくとも時給はもっといいはずですし、1カ月に350時間働いたとして(労働基準法に違反していますが)、残業代がつけば勤務医の給料よりよりは高くなるはずです。

そうすると、彼らも高い収入を得ている責任を負って、インフルエンザ流行のときにボランティアで街に出て働くべきという理屈でよいでしょうか?


10年以上の経験を持つ熟練した40歳が、平日は毎日16時間勤務して、土日も半分は病院に従事して働いてそれですよ、年収の総額は平均的な会社勤めの方に比べれば高いかもしれませんが、仕事内容や仕事量に対して十分に高い報酬をもらっているとは思いません。家庭も教育放棄の母子家庭になっている人が多いです。

私も若いころは400時間以上働かされていました。ボーナスなしで、残業は1カ月70時間以上付けたら労働基準書の基準に触れるから記録したらだめだと病院の事務から言われてほとんどすべてサービス残業でした。決して楽な仕事ではなくて、夜中に救急外来で30人に対応したり、夜中に緊急手術を何件もしたりしてました。月収は額面で残業代入れても20万円に届かないぐらいでしたから、時給500円以下ですね。

それでも身を粉にして働くことができたのは、以前にはモンスターペイシェントも少なくて、仕事に感謝と敬意を払ってもらえたので、やりがいを感じて続けることができたのです。私自身の感性では、1994年ごろから患者さんの医師に対する様相が大きく変わったように感じます。

開業医もそうですよ、美容形成外科などで派手にやっているところは数億円稼ぐところもありますが、普通の診療所、町の内科医のほとんどは決して豊かな暮らしはしていませんよ。休業補償なんてありませんし、町工場と同じく、自転車操業です。年収1000万円に満たない開業医なんて山ほどいます。30代から50代まで何人も開業医を知っていますが、私の友人で見る限り、1000万円以下でピーピー言ってる連中のほうが多いです。病気したら収入が途絶えて終わりですしね。
(普通の診療所で余裕があるのは父親もそこで開業していてその2代目、なんてところぐらいですね。それなら土地代はいりませんからね。町の小さな会社を継ぐ2代目社長と同じです。)

その程度の収入なんです。

その程度の収入でがんばっていく医者を支えているエネルギーになっているのは命を救うという使命感と、治療をしたことで人の役に立つという満足感、患者さんから感謝されるという達成感だけです。

>収入に合わせた社会的責任

を、要求するのは、逆効果です。

収入に応じた責任でよいのなら医者の半分以上は強毒性の新型インフルエンザのパンデミックの際には医療放棄するでしょう。

そういう言い方、考え方を示されると、踏みとどまって頑張っている医者の医療放棄を加速するだけだと思います。
2009/05/22(金) 19:51 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/72-0d76ccf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。