新型インフルエンザ感染地図

ここでは、「新型インフルエンザ感染地図」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleで「google map swine flu」と検索すると、

現在の世界の感染状況が地図上に表示される。

新型インフルエンザ感染状況の地図



拡大するとそれぞれの地域での感染状況が分かる。


アメリカではもはや30週にその地図が広がり、

日本人観光客が行くような州や都市、そこの空港は、

ほとんどどこに行っても感染の機会たっぷりだ。

アメリカ大陸のインフルエンザ感染地図



↑これおもしろい♪


アメリカはもう、行政レベルでの感染阻止をあきらめているからね。

でも、日本はあきらめるわけには、まだ行かない。

これから水際作戦を展開して、帰国者のフォローアップをして、

いったいどれだけの費用がかかるのだろうか?


そして何よりもこれに駆り出される医療関係者。

明日明後日に北米から帰ってくる人たちの検疫をすることを考えると、

検疫官の皆様、自衛隊の医療関係の皆様、

突然駆り出された国立大学病院の内科の皆様、

(大学病院の臨床に残っても何のメリットもないのをまた実感しちゃった。)

お疲れ様でございます。


水際作戦が奏功してしまうとやめられなくなっちゃうだろうけど

身体壊さないように頑張ってくださいね・・・。





ご紹介した本のデータです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

世界35ヵ国を旅したベテラン医師が、自身の旅行記、留学体験記をベースに、海外旅行時に病気した時の病院のかかり方、病気の予防方法などを詳しく解説。高山病の予防薬、英文診断書の所持の必要性、海外旅行傷害保険の注意点などを語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)

機内にお医者さんはいませんか?/フィレンツェへの学会旅行/子供達とヨーロッパ旅行/新婚旅行/ベニスでの学会/南米家族旅行/アメリカ旅行をツアー風に/三五年前の高校留学/油断大敵!カンクンにて/ベネズエラでの学会/イタリア温泉視察/ラスベガス/ブリュッセルでの救急蘇生講習会/世界のトイレ/ユングフラウ/アルプス二峰へ/アメリカのお巡りさん/南イタリア

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

坂本泰樹(サカモトヤスキ)
1954年大分県国東半島生まれ。高校2年生の時にAFS奨学生として1年間、米国ニューヨーク州へ留学。高校在学時、英検1級取得。金沢大学医学部を卒業後、九州大学泌尿器科に入局、九州大学大学院(免疫学)卒業。医学博士。生殖免疫学の研究のため、米国ニューメキシコ大学、シンシナティ大学留学。その後、国立別府病院部長、九州大学医学部講師などを経て、JR九州病院に勤務。趣味は海外旅行とスポーツ。学会旅行等で約35ヵ国を訪問。現在は勤務医を辞め、旅行医学の個人事業「カノヤ・トラベルメディカ」を運営する。福岡市在住。日本旅行医学会認定医、日本生殖免疫学会幹事、日本泌尿器科学会元指導医・専門医、アメリカ泌尿器科学会国際会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽天ブックスのサイトより転載しました。

関連タグ : アメリカ, インフルエンザ感染マップ, 豚インフル, GoogleMap,

コメント
この記事へのコメント
>ほとんどどこに行っても感染の機会たっぷりだ。

地図で「見える化」されると、
拠点の空港はほとんどどこに行っても… ですね。

おかげさまで、息子たちに手洗いとうがいの話しと、
顔を触るとの話しをすることができました。
ありがとうございます♪
もう少しへぇー なるほど!と感動するかと思ったのですが
真面目に神妙に聞いていました。
2009/05/04(月) 23:43 | URL | いの #-[ 編集]
ゴールデンウィークには私の姉の家族もバリ島に出かけました。
医者のくせに・・・。

ということで、止めても止まらなかった日本人旅行者、
帰ってきてから空港でひどい目にあっていると思いますが、
まあ、それも笑い話ですみそうでラッキーでした。

夏休みは、どうでしょうね。

> >ほとんどどこに行っても感染の機会たっぷりだ。
>
> 地図で「見える化」されると、
> 拠点の空港はほとんどどこに行っても… ですね。
>

よかったですね、息子さんたちの年齢から手洗いの意味を理解してもらえれば、きっと今後お二人の一生の上での感染予防にも効果が出ると思います。
理解した上でないとなかなか実践できませんものね。

> おかげさまで、息子たちに手洗いとうがいの話しと、
> 顔を触るとの話しをすることができました。

あははは、素直な良いお子さんたちですね。

> もう少しへぇー なるほど!と感動するかと思ったのですが
> 真面目に神妙に聞いていました。
2009/05/05(火) 14:56 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/62-6550c44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。