豚インフルエンザの感染状況はもはやフェーズ4だと思います。

ここでは、「豚インフルエンザの感染状況はもはやフェーズ4だと思います。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本時間26日早朝のWHOの会議で見送られたのが以下の項目です。

新型インフルエンザに対する警戒レベルの見直しについてWHO

警戒レベル6段階の

「3」(人から人への感染が全くないか極めて限定的な段階)から

「4」(人から人への感染が増加する兆候のある段階)への引き上げ

は見送りました。


その理由は

「さらなる情報が必要」ということです。


しかし、その時点ではニューヨークの私立高で200人の生徒が具合が悪いことも、

ニュージーランドでも発病者がいることは公表されていなかったと思います。

メキシコの感染者数と死亡者数も1004人と68人だったのが、

今では1340人と81人に増大しているのも、26日早朝には報告がありませんでした。


ニュージーランドの件は以下の通り。


豚インフルエンザ、NZでも感染疑い メキシコから帰国の25人

4月26日16時30分配信 CNN.co.jp

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000010-cnn-int

(CNN) ニュージーランドの保健当局は26日、メキシコでの語学学習を終えて帰国した学生22人と教員3人に、豚インフルエンザ感染の疑いがあると発表した。

25人は、オークランドにあるランギトト大学の教員と学生。メキシコからロサンゼルスを経由し、ニュージーランドに帰国していた。

オークランドの保健当局によると、25人中14人にインフルエンザ様の症状が出ているという。25人は全員、自宅から外に出ないよう指示を受けている。


あいにく、今からメキシコやアメリカに行くべきではないという警告は

失笑すべき事態に入っていたことが、私はこの記事を見て理解できました。


もう、パンデミックはスタートしてます。

ボクシングの亀田興殻選手がメキシコで修行中の弟を心配していましたが、

彼自身が25日にメキシコから帰ってきています。


彼自身も発病の危機にさらされていると思いますし、

他のメキシコ帰りの人はもちろん、

アメリカの南側の週から帰国した人も危険です。


というのも、アメリカ南部の3Kの職業(清掃業や家事手伝い)は、メキシコ人の越境労働で賄われているわけで、もはや十分に豚インフルエンザはアメリカ南部に広まっていると考えるのが筋です。


メキシコでは致死率が6%なのにアメリカやニュージーランドでは死者が出ていないではないかと言う話もありますが、それは追い追い明らかになることでしょう。

予断を許しません。


ともかく、日本国内においてさえ、人込みはできるだけ避けて生活すべき事態にすでに達している気がします。



私見です。お断りしておきます。

関連タグ : ニュージーランド, パンデミック, フェーズ4, WHO, 豚インフルエンザ, 死亡率, 致死率,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/51-b11186ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。