抗インフルエンザ新薬開発について詳報

ここでは、「抗インフルエンザ新薬開発について詳報」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抗インフルエンザの新薬開発に関してiza!ニュースでも取り上げられていました。

より詳しく記載がされています。

最後発の富山化学の薬が、世界中の救世主となるかもしれませんね。


国産インフルエンザ新薬、3社が開発競争

2009/02/23 00:47

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/224775

一部抜粋して転載しますと、

 開発がもっとも進んでいるのが第一三共の「CS-8958」と、塩野義製薬の「ペラミビル」だ。いずれも治験(臨床試験)の最終段階に入っている。

 両薬とも1回の投与で長期間の効果が得られるのが特徴だ。現在、使われているタミフル、リレンザは1日複数回、複数日間、使用し続けることが必要だ。


 このうち、第一三共のCS-8958はリレンザと同様に、専用の器具を使って薬を吸い込む吸入型。開発担当者は「直接患部に届くため飲み薬よりも即効性が高い。現在までの治験結果には自信を持っている」と話す。

 塩野義製薬のペラミビルは注射薬。インフルエンザへの感染が判明すると、その場で15分間の点滴投与を受け、それ以降の投薬は必要ない。重篤患者や年配者など、自力で薬を飲むことができない人への投与も容易だ。

ということで、リレンザやタミフルと同じメカニズムで作用点が違うものです。

これに対して、もう一つのものは独特です。

 両社に比べると開発段階では1年程度の後れをとるものの、新しいメカニズムで注目されるのが、富士フイルムグループの富山化学工業が開発中の「T-705」だ。

 先行2社の新薬が、ウイルスが持つ「とげ」の部分に作用するのに対し、T-705は、ウイルス内に存在する「RNAポリメラーゼ」というタンパク質に直接作用して、ウイルスの増殖を阻害する。そのため、「とげ」の突然変異に左右されない強みがある。

 タミフル耐性ウイルスはもちろん、今後さらに「とげ」が突然変異し、さまざまな薬に耐性を持つウイルスが誕生しても、T-705は効力を持ち続ける可能性が高い。

ということで、いろいろ開発が進んでいますね。

これらの薬が世に出るまで、パンデミックが起こらないでくれたらと願うばかりです。



関連タグ : ベラパミル, T-705, CS-8958, 抗インフルエンザ薬, 富山化学,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/42-8e8f53ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。