緊急対応センターに連絡して抗インフルエンザ薬を手に入れる

ここでは、「緊急対応センターに連絡して抗インフルエンザ薬を手に入れる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



パンデミックが報道されて、家族が新型インフルエンザと思われる風邪にかかった場合、第一にすべき対応は抗インフルエンザ薬を手に入れて飲ませることです。



しかし、パンデミックへの厳戒態勢から、通常の医療機関はダイレクトに新型インフルエンザに感染していると思われる患者の受診を受け入れることを避けます。

これは感染力の強い新型インフルエンザが、たくさんのさまざまな病気で抵抗力の落ちている人が集まる場所である病院で感染が拡大してしまうことを避けるためです。


「お腹を壊した子供を小児科に連れて行ったら待合室で風邪をもらっちゃった。」

と言う話はよくありますよね、でも、新型インフルエンザをもらっちゃったら命にかかわりますから。



そのために、行政は緊急対応センターを設けますので、そちらに連絡して、どこに行けばいいかを確認してください。

明らかにインフルエンザの症状がある、もしくはインフルエンザの人と接触して風邪の初期症状が始まったことが確認できれば、本人が行かなくても、家族が薬をもらいに行ける対応がなされると思います。

そうしてとりあえずは抗インフルエンザ薬を手に入れましょう。

電話がずっと話し中で、どうしても緊急対応センターに連絡がつかない場合は、懇意にしている先生がいるかかりつけの病院がある場合は、電話で相談してみてください。

あなたとその先生との信頼関係次第で、行政を通さずに薬をもらいにいけるかもしれません。もちろんその場合も、健康な家族が薬をもらいに行くだけになります。

なお、パンデミック前の今であれば相談次第で自由診療として抗インフルエンザ薬を手に入れることができる場合があります(あいまいな表現しかできませんが、医療機関に問い合わせてみてください)。


関連タグ : 抗インフルエンザ薬, 対策センター, リレンザ, タミフル, アマンタジン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/16-13e368e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。