風邪症状がインフルエンザなのかどうかの診断方法

ここでは、「風邪症状がインフルエンザなのかどうかの診断方法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インフルエンザの症状は高熱と関節痛だと言われます。

実際にそうなのですが、それでも引き始めにはそれほど熱も高くなくて、普通の風邪かなと思ってしまいます。

それで病院に行っていながら、タミフルを処方されることもなく、家に帰ってきてから発熱、翌日はたまたま休日で病院に行けずに、翌々日に行ってみたら、もう発症から48時間経ってるからタミフルは効かないから出しません、って。



それって悲しいですよね。

でもまあ、実際問題、健康な働き盛りの人たちのインフルエンザにはタミフルなんか出さずに解熱剤と睡眠で治すべきだと言う意見の方が日本以外の国では主流なのですが。


それはさておき、身近な家族や同僚などがインフルエンザにかかっていた場合、普通の風邪と変わらないような初期症状でもインフルエンザである可能性は高まります。

そういうときには病院で積極的にその事実を告げて、インフルエンザに感染しているかどうかの判定をしてもらうことも可能です。

それは綿棒で鼻粘膜や咽頭粘膜を直接こすりとり、免疫反応でインフルエンザウイルスの有無を判定するものです。

医療者のためのインフルエンザの知識

粘膜採取から判定まで30分ほどでわかりますから、その検査を受けて、陽性の場合はタミフルやリレンザの処方を受けるのは、症状を悪化させることなくインフルエンザから回復する良い選択肢の一つです。

新型インフルエンザ流行の場合は、命にかかわる検査と言うことにもなりそうですね。



関連タグ : インフルエンザ診断, 試薬, 咽頭, 鼻腔, 綿棒,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/14-9cd348ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。