ほとんどインフルエンザウイルスを通さない高性能マスク

ここでは、「ほとんどインフルエンザウイルスを通さない高性能マスク」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理論上ですが、インフルエンザウイルスを通さないマスクとゴーグルが完成しています。

N95と言う規格ですが、現在は多数の製品が販売されていて、これらのマスクなどはインターネットで手に入れることもできます。



実際に感染が爆発してからは買うことは不可能だと思われますし、新型インフルエンザが流行しても休むわけにいかない職業の人はあらかじめ手に入れて、マスク装着の練習をしておいた方が良いかもしれません。


と言うのも

これらの高性能マスクで感染を防ぐためには、ぴったりと顔に密着して、横から空気が出入りしないことが重要な条件なのですが、マスクの形態が様々であり、特に顔の小さな女性には密着させづらいタイプが多いのです。

また、これらのマスクやゴーグルを装着して働くのは大変つらい作業で、密着装着して連続して働けるのは健常な30代40代の男性医師でも1時間半が限界であると言われています。


欧米の病院では少なくとも6種類の異なる高性能マスクを用意しておくことが義務付けられようとしています。
医療関係者に対する装着トレーニングもすべての人に対して二日がかりで行われます。

日本の病院ではそう言う話、全く聞いたことがありませんけど(笑)、本当に高性能マスクの性能に頼ろうと思うのであれば、準備が必要です。

普通車の運転ができるからと言って、いきなりF1カーを運転できるわけがないのですから。


と言うことでN95規格の高性能マスク、手に入れるつもりなら早めに手に入れて、装着練習しておきましょう。


関連タグ : N95, マスク, 高性能マスク, 密着, 装着訓練,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/13-a979978c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。