マスクで鳥インフルエンザ感染を防げますか?

ここでは、「マスクで鳥インフルエンザ感染を防げますか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本人はマスクが好きな国民としてよく知られています。

最近でこそスギ花粉症の季節の大きなマスクやゴーグル姿が春先にも見られるようになりましたが、かつてはマスクと言えば冬の季節の代名詞でしたね。

←これはちょっと(^_^;)

小学校などでもマスク着用とうがい、手洗いの励行が積極的に進められてきました。
そのせいで大人になっても白いガーゼのマスクをすることに多くの人はそれほど抵抗がないものです。

マスクは新型インフルエンザに対して有効な防御手段になりうるのでしょうか?

答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

普通の風邪の場合も同様ですが、風のウイルスは大変小さなもので、マスクなんかいとも簡単に通り抜けます。

しかしながら、マスクにたまった湿気にインフルエンザウイルスはトラップされやすいのです。

と言うことできちんとマスクを着用してそれを通して呼吸していれば、インフルエンザウイルスを吸いこむ率は低くなるのです。


これは病気の人にとっても同じことで、咳やくしゃみの症状がある人がマスクをすれば、その人のつばや口から飛び出す小さな水蒸気の飛沫はマスクに引っかかるものが多くなります。

ウイルスを大量に含むそれらの飛沫も、そしてウイルスそのものもマスクの湿気にとラップされるので周りにまき散らす量は減ります。

ということでマスクはインフルエンザ感染予防に効果的なのですが、完璧に防ごうと思うと高性能で密着型のマスクで顔を覆う必要があります。



それは呼吸をするのも大変困難なので、医療従事者専用と考えた方がいいのですが、どうしても怖い人は外出時につけると言う選択肢もありますね。


関連タグ : N95, マスク, インフルエンザウイルス, 顔にフィット, 呼吸困難,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://h5n1flu.blog56.fc2.com/tb.php/11-568c9537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。