新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抗インフルエンザの新薬開発に関してiza!ニュースでも取り上げられていました。

より詳しく記載がされています。

最後発の富山化学の薬が、世界中の救世主となるかもしれませんね。


国産インフルエンザ新薬、3社が開発競争

2009/02/23 00:47

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/224775

一部抜粋して転載しますと、

 開発がもっとも進んでいるのが第一三共の「CS-8958」と、塩野義製薬の「ペラミビル」だ。いずれも治験(臨床試験)の最終段階に入っている。

 両薬とも1回の投与で長期間の効果が得られるのが特徴だ。現在、使われているタミフル、リレンザは1日複数回、複数日間、使用し続けることが必要だ。

[抗インフルエンザ新薬開発について詳報]の続きを読む
スポンサーサイト


関連タグ : ベラパミル, T-705, CS-8958, 抗インフルエンザ薬, 富山化学,



現在流行中のH1N1型インフルエンザウイルス、いわゆるAソ連型はもはやそのほとんどがタミフル耐性に変わってしまっているようです。

鳥インフルエンザパンデミックの切り札のつもりでタミフルを大量に備蓄していた政府も自治体も少なからぬショックを受けています。

患者の立場としてはしかし、まだ救いがあります。

タミフルはダメになっても、リレンザという薬がまだ残っているからです。


[リレンザ耐性ウイルスは出現しないのか?]の続きを読む

関連タグ : リレンザ, リレンザ耐性ウイルス, Aソ連型, T-705, CS8958, ペラミビル,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。