新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このサイトでも以前、開発中の新しいインフルエンザ治療薬について記事を書きました。

リレンザ耐性ウイルスは出現しないのか?

という記事です。


その中で私もちらりと書きましたが、新しいインフルエンザ治療薬が開発されています。

インフルエンザウイルスポリメラーゼを阻害する薬剤であるT-705(富山化学)

ザナミビル(リレンザ)の誘導隊で効果や持続性を高めたCS-8958(第一三共)

リレンザやタミフルとは違う機構でノイラミニダーゼ阻害活性を持つペラミビル(日本では塩野義がライセンス)

この三つですね。


私はこの情報は科学雑誌で知ったのですが、

オンラインで他にないかなと思って調べるとこういう記事がありました。


[インフルエンザ治療薬開発について]の続きを読む
スポンサーサイト


関連タグ : 抗インフルエンザ薬, リレンザ, CS-8958, 第一三共,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。