新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


塩野義製薬が開発中の抗インフルエンザ薬については、他の製薬会社が開発中の複数の新薬とともにこのブログでも取り上げました。

新しい抗インフルエンザ薬候補がゾクゾク開発中

その塩野義のベラパミルの臨床試験の効果が報告されました。

点滴薬なので病院でしか投与できませんが、1回だけで済むことから利便性は良好なようです。


試験中インフル新薬、「季節性」にタミフル並み効果

9月14日22時54分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00001149-yom-sci

 塩野義製薬(本社・大阪市)が来年中の販売を目指して開発中のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」を、季節性インフルエンザの患者に投与すると、タミフルに匹敵する効果があることが、同社の臨床試験でわかった。

 新型を含めたインフルエンザの新たな治療の選択肢として期待される。米国で開催中の米微生物学会で報告された。

 日本と韓国、台湾の1099人の季節性インフルエンザ患者を対象にした臨床試験で、1回の投与でタミフルを5日間服用したのとほぼ同じ期間で回復した。


これで、アマンタジン、タミフル、リレンザに次ぐ第四の抗インフルエンザ薬が市場に出回りそうですね。

さて、それではインフルエンザワクチンを打つのと抗インフルエンザ薬を打つのとどちらがより効果的なインフルエンザ対策なのでしょうか?

これはどちらも並列で準備して対策に当たりたいものですね。


インフルエンザワクチンはもともと、感染を阻止できる薬ではありません。

感染しても速やかに免疫系が働いてインフルエンザウイルスにより臨床症状の急激な悪化を抑えてくれるだけです。

被害を少なくできる予防薬です。


抗インフルエンザ薬は、これもまた、飲めば治る、というものではなくて、基本的にはウイルスが細胞の外に出てくるところをたたいてその増殖を抑える薬です。

被害を少なくできる頓用薬です。


どちらも単独で完全な薬ではありませんし、どちらも予想と外れたり、耐性が出たりで、ウイルス側が変わってしまったことにより空振りでまったく効かないこともあります。

二つ合わせて備えるのが、最善の策でしょう。




でも、もっと良い対策があります。


それはインフルエンザに対する知識を学び、理論に従って冷静に予防策をとること、

そしてひとりひとりが感染拡大を防ぐ努力をすることです。


予防策など

うがいではなくて手洗いをきちんとやる、

仕事の無理が重なったら飲んで憂さをはらすのではなくて、早めに休む、

流行期には人混みをできるだけ避け、マスクで防衛する、


感染拡大を防ぐ対策など

かかってしまったら無理しないで指定された期間は休む、

自分の都合で夜中に救急病院に行かない(サッカーの国際Aマッチのテレビ放映終了直後には救急外来受診者が一気に増えます。)、

インフルエンザ患者と接触した後に風邪症状がある場合は症状が軽くても休む、



みんながそういう当たり前のことを当たり前に行動してくれれば、2009年の新型H1N1インフルエンザは対して怖い病気ではありません。

(鳥インフルエンザH5N1が今の毒性のままでパンデミックになったときにはまったく違う強度の対策が必要になってくると思いますが、それはまだ仮定の段階です。)

スポンサーサイト


関連タグ : タミフル, リレンザ, 新型インフルエンザ, ベラパミル, インフルエンザワクチン,

妊娠中の抗インフルエンザ薬使用に関して補足しておきます。

現在、国内で使用可能な抗インフルエンザ薬は3種類です。


1.アマンタジン (薬剤名:シンメトレル)

2.ザナミビル (薬剤名:リレンザ)

3.オキセタミビル (薬剤名:タミフル)


このうち、1番目のシンメトレルはもともと脳の薬で、

パーキンソン病や脳こうそく後遺症に使われるものですが、

インフルエンザにも効果的であることが分かっています。


2番目と3番目はインフルエンザのために開発されました。



現在主流なのは2番目と3番目ですが、

1番目のシンメトレルに関してはほとんどのウイルスが耐性を持つ上に、

動物実験で催奇形性を持つことから妊娠中の投与は禁忌となります。
(実際に人間でそうかどうかは実例報告がないと思いますが^^;)

アマンタジン(シンメトレル)は妊婦さんは飲んじゃダメですよ。


で、2番目と3番目に関してですが、

異常行動とタミフルの関連性に関しては結論は出ていませんが、

妊娠中の使用で新生児に異常が出たとの報告はないと思います。

これ、それを恐れて飲まずに肺炎になる方が赤ちゃんにとって危険なのは

前の記事に書いた通りです。


では、残るリレンザはどうかと言うと

投与方法が局所投与であることから胎児への移行が少なくて済むだろうこと、

耐性ウイルスが今のところ出現していないことを考えると、

リレンザを使用することが最も安心なのでお勧めです。


リレンザはしかし、パウダーを器具を使って肺に吸い込むので、

慣れない人ではきちんと使えるまで経験が必要です。

(喘息の人なんかは吸入ステロイドで慣れてるから楽勝です(笑))


また、新型インフルエンザの場合、消化器症状が強いことから

ひょっとしたら消化器系粘膜もターゲットなのかな?

という危惧がありますので、その場合は飲み薬のタミフルの方が安心でしょう。



・・・いろいろ書くと混乱しますよね(^_^;)。


妊婦さんの場合、新型インフルにかかったかもしれないと思ったら、

あるいは身近に新型インフルの患者さんが出たら、


1.かかりつけの内科や産婦人科に電話で相談する

2.平日の昼間であれば保健所に電話で相談する

3.薬を飲むように指示を受けたら元気な人に薬をもらいに行ってもらう
  (予防的に飲みたいということであればあなた自身でも)
 ただしこの場合はマスクをして医療機関を訪れること

4.決められた通りに薬を服用する、勝手にやめない。


この流れで考えていてください。



蛇足ですが、

4番目に関して、時々勘違いしている人がいます。

たとえば呼吸器感染症、肺炎が疑われるので抗生剤を出しました。

服用の指定は毎食後となっています。


全然よくなりませんと再来した人に聞いてみると、

「しんどくてごはん食べれへんかったから昨日は薬、ひとつも飲んでません。」

との驚きのお答え。


ご飯を食べなきゃ薬をのんじゃいけない、そう言う薬はごくわずかです。

とくに感染症の治療薬の場合は食事は関係なくて、

決められた時間ごとに薬を飲むことが最も大事です。

食前、食後に飲むのを指定されているのは

それがもっとも副作用が少なく効果的だからであって、

あくまでも目安でしかありません。


「ごはん食べなかったから薬もお休みする」

という発想は捨てましょうね。










関連タグ : 抗インフルエンザ薬, アマンタジン, ザナミビル, オキセタミビル, シンメトレル, リレンザ, タミフル, 毎食後, 感染症,

インフルエンザ脳症への対応に見るサイトカインストームの治療方法の可能性


インフルエンザ脳症は我が国の小児急性脳症発生において、

発生率トップを占める疾患である。

年間250人程度が罹患すると考えられている。


この発症率は諸外国では見られない非常に高いものであることから、

日本人民族での何らかの遺伝的因子の存在が疑われている。


[サイトカインストームの治療方法]の続きを読む

関連タグ : サイトカインストーム, 治療法, ステロイドパルス療法, DIC, 炎症性サイトカイン, パンデミック, タミフル,


政府が備蓄を進めているタミフルの量は、流通している分を含めて2800万人分と予定されています。

日本国内の最大感染者数の予想は2500万人ですから、それで足りると言うのが厚生労働省の予測ですが、これは正直、甘い予想でしょう。

というのも、身近に感染者が出れば、健康な人がこぞって抗インフルエンザ薬を飲みたがるのは目に見えているからです。

しかも次から次に感染者が出た場合、予防のためにはずっと飲み続けることになります。

そう考えると、政府や地方自治体が抑えておくであろう備蓄分はあっという間に底をつきかねません。

[個人でタミフルやリレンザを買い置きしておくことはできないのでしょうか?]の続きを読む

関連タグ : 個人購入, 保険外診療, 買い置き, リレンザ, タミフル, パンデミック, かかりつけ医,


タミフルがだめでも、抗インフルエンザウイルス薬にはタミフル以外にも商品化されている薬でリレンザと言うものがあります。

今のところ、幸いなことにリレンザの耐性ウイルスはまだほとんど見つかっていません。

新型ウイルスとなるであろうH5N1型を含むA型鳥インフルエンザではまだひとつもみつかっていません、つまりこれは有効であろうと思われます。

ただし、リレンザは飲み薬ではなくて吸入薬ですから、使い方をきちんと指導されないと使えない人が多いと思いますし、子供やお年寄りでは指導しても使えない可能性があります。

そのために国などが備蓄しているのはタミフルがほとんどなのです。

ですが、リレンザにはタミフルにない利点がもう一つあります。


[リレンザは新型インフルエンザに効かないのですか?]の続きを読む

関連タグ : リレンザ, 吸入薬, 局所作動, 気道上皮, 練習, タミフル,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。