起こってしまったとき

ここでは、「起こってしまったとき」 に関する記事を紹介しています。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


厚生労働省主導の5月の水際阻止作戦失敗(海外で笑い物にされたあれ)から3か月、新型インフルエンザは着々と世界中に広がっています。

冬を迎える南半球での広がりは予測された通りに進みました。

例えばアルゼンチンではこれまでに推定40万人が感染し、確定例およそ13000人のうちおよそ1%の130人前後が亡くなっています。


アメリカやカナダの4月から6月の統計から死亡率は0.5%と推定されたという話がありますが、アルゼンチンでの確定症例だけでみれば死亡率は1%です。

つまり、肺炎や気管支炎を合併しやすい冬の条件では、死亡率はもっと高くなる可能性が否定できません。

通常の季節性インフルエンザが死亡率0.2%と言うことを考えれば、けっこう怖い風邪であることが分かります。


どうせワクチン製造は間に合わないのなら、気候の良い今のうちにかかっておくのも悪くないんじゃないかなんて思ったわけではないだろうが…


新型インフルエンザ 都立50校で集団感染

8月25日1時32分配信 日本テレビ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20090824/20090824-00000064-nnn-soci.html

 東京都立の学校約300校のうち、約50校で新型インフルエンザの集団感染が確認された。

 都教育委員会によると、夏休み直前から新型インフルエンザの感染の連絡が増え始め、都立の高校や中高一貫校約300校のうち、約50校で集団感染が確認されたという。特に、部活動や合宿で感染した例が多く報告されているという。

 東北大学大学院・押谷仁教授によると、「学校閉鎖を積極的にやって地域に広がるのを防いでいくと、流行を完全に抑えることはできないけれども、ピークの患者を減らせる」という。

 押谷教授は「高校生は新型インフルエンザで重症化する割合はほかの年代より低い傾向がある」としながらも、「感染拡大を防ぐため、季節性のインフルエンザより厳しい基準で学校閉鎖をする必要がある」と述べている。


なかなか見事に流行していますね。

東海道線や京浜東北線で暑いのにゲホゲホとせき込む人が結構多いのが嫌だったのですが、まあ、かなりの確率で彼らも新型インフルエンザの感染者だったように思われます。

ということで、かかったらどうすればよいかについておさらいしておきますね。


まず、風邪症状を感じたら、2,3日以内を思い返してみて、咳こんでいた人、下痢をしていた人や熱を出して休んでいる人と接触した記憶がないかどうかたどってください。

それでそういう症状を持つ人が知り合いだったら、電話をかけて確認してみましょう。


「ねえねえ、一昨日会ったときさ、けっこう咳がひどかったじゃない。その後どうよ?」


インフルエンザでしたと言われたら速攻で病院受診すべきですが、そうでなくても、


「家族や同じ職場にも似たような症状の人がいて熱も出ないし、ただの流行り風だと思った」

「高熱が出てしんどかった」

下痢したり、吐き気がひどかったけど、それが終わったらのども痛くなった。」


などの話であれば、受診しておいた方がよいと思います。

ただし、病院によっては妊婦さんがいたりしてインフルエンザ患者さんを極力を避けている場合があるので、受診する前に電話で確認してください。


病院側のわがままではなくて、妊婦さんは感染した場合に重症化する可能性が高いのです。

ほんとうに、あなたの健康だけでなく、みんなの命を守るように、小さなことから気を配ってあげてください。

スポンサーサイト


関連タグ : 新型インフルエンザ, パンデミック, 高校生, 学校閉鎖, 症状,

新型インフルエンザはアメリカではすでに推定10万人に感染している。

もちろん推定だけれどもCDCのメンバーの一人の見解だから

でたらめではない、一つの考え方に基づく数値と言っていいだろう。


<新型インフル>米国内「10万人超感染」…CDC見解

5月16日11時31分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000021-mai-int

 【ワシントン小松健一】米疾病対策センター(CDC)のジャーニガン・インフルエンザ部副部長は15日の記者会見で、米国内の感染者が公式集計よりはるかに多く、現在の実際の感染者は「全米の症状の広がりからみて、10万人以上と言ってもいいだろう」との見解を明らかにした。

 CDCが感染実態の推計を示したのは初めて。これまでも、(1)感染しても軽症のため医師の診察を受けない人も多い(2)地方によっては感染の検査をしていない--などの理由から、CDCの集計は「氷山の一角」との認識を示していた。

 ジャーニガン副部長は全米で例年、季節性インフルエンザに感染する人が、人口の7~10%にあたる2100万~3000万人に上ると指摘。新型インフルエンザについては、4月からの感染の拡大状況などから「10万人以上」と推計できるという。「米国のいくつかの地域では数千人が感染したと疑われる報告もある」とも語り、全米の実態調査を続けているという。


そうした状況は遠からず日本にも訪れると思う。

では、我々一般人、あるいは一般臨床医は何をなすべきか?

感染した際にどのように対応するかの、心づもりを持っておくことだ。


アメリカのやはりニューヨークタイムズの記事から拾ってみる。

Drugs Urged for Swine Flu in Pregnancy

Pregnant women who get swine flu are at such high risk of complications like pneumonia, dehydration and premature labor that they should be treated at once with the antiviral drug Tamiflu ― even though it is not normally recommended in pregnancy, the Centers for Disease Control and Prevention said Tuesday.

妊娠してる女性は新型インフルエンザに感染した場合に肺炎、脱水症状や早産などの合併症を引き起こしやすいことから、新型インフルエンザ感染が疑われる場合には速やかに抗インフルエンザ薬の投与を受けるべきである、通常は妊婦への投与は推奨されていないのだけれども と、CDCが発表している。


と言うのがこの記事のイントロダクション

中身を簡単に書くと、タミフルやリレンザは通常は妊婦に用いない。

それは安全かどうかの人間での確認が不十分だから。
(サリドマイド以降の新しい薬はほぼすべて確認不十分である。)


しかし、アメリカでの死亡例の一人が33歳の妊婦で

20人ほどの妊婦の感染例で数名が肺炎を起こしていることから

妊娠はインフルエンザ感染の際に重大な合併症を起こすリスクと考えるべきだ

そう考えられているということだ。


アメリカでも日本同様、妊婦さんは薬を飲みたがらない。

医者も同じ区で処方を避けようとする。

しかし、弱毒性とは言っても今回の豚インフルはその態度は危険を招く。


新型インフルエンザと疑われた時点で、

あるいは感染者との濃厚接触が確認された時点で

妊婦ほど積極的にタミフルやリレンザを使用すべきであるというのだ。


もちろん、「絶対に安全な」薬なんてあり得ない。

しかし、使うことによる副作用のリスクと

その薬を使わないで病気に立ち向かうリスクとでは

後者の方がはるかに胎児にとって危険と判断できるということだ。


新型インフルエンザの感染で重症化しやすいリスクが高いのは


1.喘息などの呼吸器疾患の方

2.糖尿病や肥満の生活習慣病の方

3.免疫不全状態の方

4.心臓循環器系の持病を持つ方

5.妊婦さん


これを心がけておこう。

それで妊婦さんにお願いなのだが、

もしもあなた自身がインフルエンザのような兆候を感じたら、

あるいは身近でそう言う人が出て不安を感じたら、

かかりつけの産婦人科にいきなり行かずに、
あるいはかかりつけの内科にもいきなり行かずに、
かならず電話で確認を取ってほしい。



状況を説明して、できれば症状のない家族にマスクをさせた上で

薬をもらいに行ってもらうように。

平日の9時から17時であればまず保健所に電話を。


産婦人科であれ、内科であれ、むやみに医療機関に駆け込むことは

あなた自身と、その病院に来ているほかの患者さんのリスクを高めるだけだ。

迅速に、だけど冷静に、行動しよう。


関連タグ : インフルエンザ感染, 妊婦, ハイリスク, 肺炎, 死亡例, アメリカ, 新型インフル,

新型インフルエンザに関して昨夜遅くに、知人からメールをもらった。

幼い甥や姪のためのインフルエンザ用のマスクを手に入れて

妹さんに送ることになったのだがどういうものがいいのかという質問。


彼女の実家は神戸なのだが、

神戸の高校生が新型インフルエンザに国内で感染したということで、

16日夕方の時点で神戸市内ではマスクが手に入らなくなっているという。


感染確定が16日午後だったので神戸市で休校が決まったのは夕方。

その頃にはマスクが売り切れる、非常用の備蓄が効く食料が飛ぶように売れる、

そう言う事態が100万都市の神戸で起こっているという。



この現象は日本中でしばらくの間繰り返されるかもしれない。

インフルエンザ確定例が出るたびにその街をパニックが襲う。

でも、あわてないでください。


すでに感染拡大のフェーズに入っているけれども、

原則は弱毒性のウイルスなのだから、かかってもふつうは大丈夫。


数百人規模に拡大の可能性=新型インフル国内感染-国立感染研・田代氏

5月17日5時47分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090517-00000013-jij-int

 【ジュネーブ16日時事】国立感染症研究所の田代眞人インフルエンザ研究センター長は16日、日本で初めて新型インフルエンザの国内感染が確認されたことについて、「(感染が)確認された数だけで判断すると、数百人くらいまで広がっている(可能性がある)」との見解を示した。インフルエンザに関する会合のため、訪問しているジュネーブの世界保健機関(WHO)本部で、記者団に語った。
 田代氏はまた、今回の日本での感染確認とWHOによる新型インフルエンザの警戒レベル引き上げに関して、「今後の推移によっては、一つの判断材料になる」と指摘。日本で広範囲な感染が確認されれば、WHOによる警戒レベルの引き上げにつながる可能性を示した。同氏は警戒レベルを議論するWHOの緊急委員会にも参加している。
 田代氏はこのほか、これまでところ、感染者の症状が軽い点に言及。重症になるリスクの高い糖尿病などの持病を抱えた人への対応で十分に注意する必要があるものの、「(過度に)心配することはない」との見解を示した。 


それにしても、水際厳戒態勢の日本での感染拡大、これが、

WHOでのフェーズ6宣言の決定要因の一つになるかもしれない

それってなんだか実験みたいでいやですね。


水際対策に厚生労働省が走りまわって、

結局は防止できなかったのはWHOの見解を証明した形だし、

日本の空回りがことさらに目立つ騒動に見えます。


関連タグ : 国内での感染, ヒトからヒト, 新型インフルエンザ, 神戸市内, マスク売り切れ,


新型インフルエンザが25歳から40歳の若い成人に死者を引き起こす傾向が強い

4月23日以降しばらくはそう言う報告がメキシコからなされていたようだが、

どうもそれが間違っていたような気配だ。


採取されたインフルエンザウイルスの遺伝子型が諸国で一致していて、

メキシコ以外では軽症者がほとんどであること、

メキシコでは軽症者は無視されているようであること、

などから考えて、


[メキシコからの報告が間違いだったということか?]の続きを読む

関連タグ : メキシコ, 新型インフルエンザ, 致死率, 弱毒型, CDC, パンデミック, 対策,

地方自治体レベルでの対策を充実させよう

私は現在、横浜市内の研究施設に勤務しています。

ランドマークタワーのレストランから見たみなとみらいの風景


いえ、これはランドマークタワーの5階のレストランからの風景です。
研究所はさびれた埋め立て地にあります(^_^;)。


横浜港開港150周年を迎える横浜市は船舶が到着する街であると同時に、
羽田空港も実はすぐそばにある、空の玄関わきでもあります。

ということで外国から、何らかの感染症を持つ患者さんが訪れる、
あるいは日本人が持って帰るときに通過点となりやすい街です。

その意味では、新型インフルエンザが日本に上陸したときに、
高い確率で水際作戦の対象となる地域であると言えるでしょう。


[横浜市での新型インフルエンザ感染への対策]の続きを読む

関連タグ : 横浜市, 新型インフルエンザ, パンデミック, 訓練, 羽田空港,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。