新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



副作用のない薬を出してください、それ以外は飲みたくありません、とか、副作用が心配だから子供にワクチンは受けさせませんとか、副作用恐怖症と言ってもいい人が日本にはひしめいています。

でも、副作用と言うのは完全に防げるものではないのです。

手術などの時に使われる薬の一種には、それを投与するとものすごい高熱が出て、神経症状を多発して致死率の高い病気になる人が数千人に一人います。

これは薬のせいではなくて、個人の体質の問題です。

数千人に一人の副作用がない薬を開発しようとすれば、数十万人の臨床実験が必要です。数年間かけて、いろんな年齢や性別、人種の集団に対して何度も行わないといけないでしょう。


[新型インフルエンザウイルスワクチンには副作用はないのですか?]の続きを読む
スポンサーサイト


関連タグ : インフルエンザワクチン, 副作用, パンデミックワクチン, 入院, 発熱, 危険性,


インドネシアなどの発症例を見る限り、ほとんどの患者さんは40歳以下の世代から見つかっています。

ひとつには、鳥を直接屠札したり調理したりする人には30~40代が多いと言うこともあります。

しかし、その世代の子供にはしばしば感染が波及するのに対して、親の世代にはどうも感染しにくいようです。

このことから、鳥インフルエンザの発展型の新型インフルエンザが流行した場合、体力的に最も優れている若い大人の世代は逆に慎重に行動すべきだとされています。

ですが、これは若い世代がかかりやすいと言うだけで、年配の方がかかりにくいと言う結論にはならないのです。


[若い人が危険と言いますが、老人は大丈夫と言うことですか?]の続きを読む

関連タグ : 高齢者, 危険性, 感染, 免疫系, 若者, 新型インフルエンザ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。