新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフル患者を診た診療所は保健所から休診させられる。。。


昼休みにこのニュースを見たときに目を疑った。

これはちょっとひどい、とても真実とは信じたくないのだけれども。

医療知識のない一般人ではない、公衆衛生の専門家の保健所なのだ。


保健所がこんな対応を取っていれば、

そのうち日本中の診療所が休診するしかなくなるよ。


大阪府八尾保健所 女児診察の医師に休業求める

5月20日1時31分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000518-san-soci

 大阪府八尾市で最初に新型インフルエンザの感染が確認された女児を診察した医師が、感染を拡大する可能性があるとして、府八尾保健所から休業を求められていたことが19日、分かった。同日、大阪市内で開かれた府医師会の会議でも、出席者から「医師に休業を求めるのは過剰反応では」などとの疑問の声が上がった。

 医師は16日、八尾市内の医療機関で小学6年生の女児(11)を診察。17日夜になって保健所から連絡があり、「休むか休まないかは先生の判断ですが、新型インフルエンザが蔓延(まんえん)したら知りませんよ」などといわれたという。このため、医師は八尾市内の医療機関を一時休診にした。

 府八尾保健所は、医師が濃厚接触者に該当するため、「不要不急の外出を控えてほしいということや診察の自粛もあり得ることを説明した」としているが、「保健所からの連絡が影響を与えたと取られても仕方がない」と話している。

 医師は、「女児を診察した後は、念のためにタミフルを服用する予防措置を取っていた」としている。



あんまり腹が立ったので掲載。


医療関係者だって感染を恐れながらも立ち向かっているのだ。

パンデミックでも、ライフラインキーパーと医療関係者には

社会のために働き続けてもらわなければならない。


そのバックアップをするべき保健所がこんなことを言うのは、

前線に送りだした兵士に弾が当たって怪我した可能性があったと見るや、

後ろから狙撃して処分してしまうようなもの。

・・・それも兵の補充がないのを知っていながらね。



保健所にこんな対応を取られてしまうのであれば、

一般病院や診療所は自衛のために、発熱患者の外来を断るしかない。

断ったら「診療拒否」でたたかれるのだろうけれども。


で、がんばって診療して、インフル患者が運悪く来院したら、

感染してようとしていまいともう悪者扱い。

それっきり、なんと、地域の保健所から休診させられる


いつから保健所は、医療崩壊のバックアップするのが仕事になったのですかね?



元のニュース記事にご意見のトラックバックありましたのでご紹介。

新型インフルエンザ患者を診察した医師に休業求める? やはり診ないが勝ち?
スポンサーサイト


関連タグ : 八尾保健所, 新型インフル, 診療所, 休診, 公衆衛生, 専門家, ひどい仕打ち, 医療崩壊,

横浜市の私立高校の高校生が新型インフルエンザ疑いと

発表されましたが、結局は陰性。

とはいってもソ連型H1N1に感染していたわけですが、

回復の方向と言うことで、よかったです。


何よりもこの私立高校が隠さずにきちんと公表していたこと、

とてもよかったと思います。

全校休校と言う大騒ぎや電話問い合わせで大変だったと思うけど、

正しい対応を毅然として取ったということで、おおいに評価すべきでしょう。

校長先生、お疲れ様でした。
[新型インフルエンザ疑い高校生の関係者は、毅然とした対応でよかったと思う。]の続きを読む

関連タグ : 検疫, 医療崩壊, インフルエンザ, 高校生, 横浜の私立高校, ソ連型, H1N1,


考えたくはないと思いますが、あなた自身も含めて実際に新型インフルエンザに感染した場合のシミュレーションをしておかなければなりません。

これは医療機関や行政だけに任せるわけにはいかないのです。

全国名医・病院徹底ガイド最新改訂版

自分や、自分の家族のインフルエンザ感染に対しては、医療機関には薬をもらいに行くだけで、基本的に自分たちだけで家族の命がけの戦いに対処するつもりで準備をしておかなくてはなりません。

なぜなら、患者数、被害者数が膨大な上に、医療関係者も患者であり被害者となり、機能できなくなる可能性が高いからです。

「そんなふざけた話があるか、命を救うのが医者の役目であり、それを指導するのが行政の仕事だろう。」

その意見はごもっともですが、冷静に考えてみましょう。


[家族の新型インフルエンザ感染を支えるのは家族でしかない]の続きを読む

関連タグ : 医療崩壊, 病院崩壊, パンデミック, 家族, 薬をもらう, 非常事態,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。