新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



新型インフルエンザの人から人への感染によるパンデミックのその時、いかに迅速に効果的な抗体を作れるかどうかは世界人口の趨勢にかかわる重大な問題です。

カナダの感染研究所が報告した計算上の死亡率が14%から33%ですが、ここに効果的なワクチンの使用が加われば、1/3程度まで死亡率を減らせるでしょう。

最大でも10%まで死亡率を減らせれば、人類は、ふたたびそこから立ち上がれれるはずです。



いかに迅速に効果的な方法でワクチンを作るか、この点で日本の化学及血清療法研究所とグラクソ・スミスクライン(GSK)が提携しました。

それぞれの得意分野を組み合わせようというものです。


[パンデミックワクチンを迅速に開発する技術協力]の続きを読む
スポンサーサイト


関連タグ : グラクソ・スミスクライン, , パンデミックワクチン, 化学及血清療法研究所, 新型インフルエンザ,


副作用のない薬を出してください、それ以外は飲みたくありません、とか、副作用が心配だから子供にワクチンは受けさせませんとか、副作用恐怖症と言ってもいい人が日本にはひしめいています。

でも、副作用と言うのは完全に防げるものではないのです。

手術などの時に使われる薬の一種には、それを投与するとものすごい高熱が出て、神経症状を多発して致死率の高い病気になる人が数千人に一人います。

これは薬のせいではなくて、個人の体質の問題です。

数千人に一人の副作用がない薬を開発しようとすれば、数十万人の臨床実験が必要です。数年間かけて、いろんな年齢や性別、人種の集団に対して何度も行わないといけないでしょう。


[新型インフルエンザウイルスワクチンには副作用はないのですか?]の続きを読む

関連タグ : インフルエンザワクチン, 副作用, パンデミックワクチン, 入院, 発熱, 危険性,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。