感染予防対策

ここでは、「感染予防対策」 に関する記事を紹介しています。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



H1N1タイプの新型ワクチンの感染拡大を受けて、それに向けたワクチン導入が進められている。


通常であれば一定数の試験接種を行い、副作用や抗体産生の有無を確認する作業が施行される。

2008年から2009年にかけて世界中で鳥インフルエンザH5N1に対するプレパンデミックワクチン接種が医療従事者に対して行われたのは周知のとおりである。

日本での副作用は発熱や発赤だけで後遺障害の残るような重篤な副作用の報告はなかったと記憶している。


これに対して、今回のH1N1に対する新型ワクチンはいきなり医療従事者や感染症が重症化しやすい人々へ向けて接種される予定である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000031-mai-soci

<新型インフル>ワクチン優先接種「ほぼ合意」厚労相

9月1日11時38分配信 毎日新聞
 新型インフルエンザワクチンを巡り、舛添要一厚生労働相は1日の閣議後の記者会見で、優先接種の対象として▽医療従事者▽妊婦▽基礎疾患(ぜんそく、糖尿病など)のある患者▽乳幼児▽生後6カ月未満の乳児の母親--を挙げ「(専門家の間で)ほぼコンセンサス(合意形成)ができつつある」と述べた。政府の専門家諮問委員会などで基礎疾患の範囲などの詳細を詰め、今月中に正式決定する。


予備接種(言い換えれば人体実験)なしにたくさんの人々に接種すると、さまざまな問題が起こるかもしれない。

一つ危惧されているのが、ギラン・バレー症候群。


末梢神経が自分の免疫系に攻撃されて脱髄していき、手足に力が入らなくなるどころか、呼吸筋の神経が侵されれば呼吸停止で死んでしまいかねないという病気である。

一過性で数週間で完全に治る場合もあるが、免疫系が攻撃する細胞次第では治りきれなくて後遺障害が残る場合もある。

また、何度も再発する人もいるようだ。


最近もこの名前、ニュースか何かで聞いたなと言う人も多いだろう。

昭和の大女優の大原麗子さんが先日亡くなったが、その晩年に患っていたのがギラン・バレー症候群だ。

手足に力が入らなくて四つん這いで部屋の中を移動していたとうかがう。



1976年に米軍内で豚インフルエンザのヒト感染爆発があった。

数百人が一気に感染して、これはスペイン風邪の再来、パンデミックにつながるかもしれない、ということで大急ぎでワクチンが作られた。

このときには製薬会社の圧力もすごかったという噂もあるが、ともかく一気に4000万人に接種された。


そしてかなりの数の接種者がギランバレー症候群に悩まされた。

入院するような重篤な例として報告されているのは約500人で、呼吸不全の処置が間に合わなかったりして亡くなったのが25人。

およそ80000人に一人の確率で副作用が発生している。


今回のH1N1インフルエンザも豚由来のウイルスであり、同様な副作用が起こることが危惧されている。

予備接種という人体実験も間に合わないのだし。


・・・だが、これ、怖がってもしょうがない。

実は、季節性インフルエンザのためのワクチン接種であっても100000人に一人以下の確率だが、ギラン・バレー症候群は発生している。

さらに言えば、季節性インフルエンザ感染そのものでも後遺障害としてギラン・バレー症候群が起こることが示唆されているのだ。


つまり、インフルエンザウイルスの構造の一部が末梢神経の構造に似ていて、感染したり、ワクチン接種されることで自己免疫病を引き起こす人が、非常に低い確率でありながら存在するということだ。

ギラン・バレー症候群自体が細菌のキャンピロバクター感染や、ウイルスのサイトメガロウイルス感染が契機となって引き起こされることは報告されており、同様にそれらの構造の一部がヒトの末梢神経の表面抗原と似ていることが原因であると言われている。

同じように、インフルエンザウイルスでもこれは引き起こされてしまう。



ギラン・バレー症候群だが、今のところ、防ぎようはない。

そもそも、サイトメガロウイルス感染も、インフルエンザウイルス感染も、ものすごい数のヒトが感染しているのに、ごく一部の人しかこの副作用を引き起こさない。

こうなってしまう可能性は二通り。


一つは、なにか合併している感染症やそれまでの免疫刺激の蓄積が感染症を契機として自己免疫を誘導していしまったこと。
(未解明の外部要因の存在)

もう一つは、その人個人の遺伝子配列、つまり生まれ持った体質により発症しやすいヒトが存在すると言う可能性である。


これらは可能性として推測されているのみで、まだわかっていないが、これがわかれば、そしてそれが薬剤で制御できるものであるならば発症を予防できる道が開けているだろう。


結局、新型インフルエンザワクチンの接種によるギラン・バレー症候群発症のリスクはどのぐらいかと言うことだが、これまでに世界中で百万人以上が感染していると思わる状態で、その感染によるギラン・バレー症候群発症の報告は未だない。

ということからすると、季節型程度の頻度でしかこの合併症は起こらないのではないだろうか(推測)。

それならば、毎年用意されている季節性インフルエンザ感染のワクチンを受けて生じる副作用としてのギラン・バレー症候群の発生頻度と同じ程度であろうと思われる。


新型インフルエンザに感染すると0.5%の人が亡くなるとされている。

亡くなった方の多くはハイリスクと呼ばれる集団に属していて、ここだけ見ると数%の致死率だ。

どう計算したところで1%は超えているだろう。


そうするとハイリスクである妊婦さん、6歳以下の乳幼児、呼吸器疾患合併患者、腎臓疾患合併患者、癌やHIV感染などで免疫力が低下した人、これらの人々は絶対に接種しておいた方がよい。

十万人に一人が発症するギラン・バレー症候群のリスクを避けるのと、100人に一人以上が死ぬインフルエンザ感染の重症化をまぬがれるのとでは、比較するまでもなく、死ぬのを避けた方が賢明である。

でも、どちらのリスクをとるのか、最後に判断するのはあなた自身だ。
スポンサーサイト


関連タグ : ギラン・バレー症候群, 新型インフルエンザワクチン, 副作用, サイトメガロ, キャンピロバクター, 自己免疫,

新型インフルエンザ感染患者さんが見つかりましたね。

ようやく、と言っては語弊があるかもしれませんが。

ともかくは、症状がひどくなさそうでまずは一安心。


ちょっと気になるのが今後の対応です。

以下は産経新聞のニュースから。


【新型インフル】国内でも確認、修学旅行の3人 水際阻止が機能

5月9日10時34分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000550-san-soci

 厚生労働省は9日、カナダから米国経由で成田空港に帰国した大阪府立高校の生徒2人と引率教員1人の計3人について、新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。日本国内での感染確認は初めて。世界保健機関(WHO)に28番目の感染国として報告される。

 舛添要一厚生労働大臣は午前8時半から厚労省で緊急会見。感染確認を発表するとともに「入国前に確認されたもので、『国内での患者発生』には当たらない」と述べた。国内の警戒態勢は検疫などの水際対策強化を中心とした、現在の態勢が維持される。


個人的には、水際作戦、少し緩めにしたらどうかなと思います。

厚生労働省のメンツも立ったし、もう、いいんじゃないですか?

というのも、実態は以下の如くであったということ。


 3人は10代の男性生徒2人と、引率の40代の男性教諭で、府立高校3校が合同で行った語学研修に参加し、4月24日からカナダのオークビルに滞在。米デトロイト経由で、5月8日午後16時38分成田着のノースウエスト25便(コンチネンタル、デルタ航空共同運航便)で帰国した。

 教諭と生徒1人は機内検疫で感染の疑いがあるとされた。他の生徒1人は、飛行機を降りてから症状が出た。3人は検疫法に基づき、感染症指定医療機関に指定されている成田赤十字病院(千葉県成田市)に搬送、隔離され治療を受けている。男性教諭は抗ウイルス薬タミフルを投与して治療されている。生徒2人は熱が下がっている。タミフルは異常行動などの副作用を懸念し投与を控えている。

 また、研修に同行していた33人(教師5人、生徒28人)、乗員2人、機内で疑いが確認された2人の周囲にいた一般乗客14人について、感染の可能性があるため、検疫法に基づいた停留措置を取った。空港近くの宿泊施設で10日間にわたって、医師が健康状況を確認し、発症の場合には治療を受ける。


つまり、機外に降りてから発症が確認された生徒に関しては

すでに国内でウイルスの入った飛沫をばらまいているわけで、

機内でそばにいた人たちも濃厚に感染疑いがあって、


 同機には乗員乗客計412人が搭乗していた。他の乗客についても、感染法に基づき、1日1回程度、地域の保健所から電話で健康状態を確認する健康観察が約10日間行われる。機外で感染が確認された生徒1人の周囲に座っていた一般乗客に関しては、停留措置前に帰宅してしまったことから、厚労省で特別な注意を呼びかけている。


・・・ということはつまりもう、すり抜けたわけですし、そばにいた人だけでなく、

同じ飛行機に乗っていた人は全員、発症の危険性があると思いますよ。

全員フォローすることは無理でしょう?


キャビンアテンダントさんたちはどういう扱いなのでしょうか?

全てのお客様と至近距離で会話するはずですから、

特に具合の悪い人とは何度も会話するはずで、感染の確率は高いと思います。


彼女たちはそのまま隔離観察されているのでしょうか?

次のフライトにそのまま乗ってるんじゃないでしょうか??

航空業界も人件費削減に躍起ですから、人的余裕はないと思うのですが。


JALのホームページで検索してもその対応については

説明してあるようなものを探しきれませんでした。




水際作戦には限界があります。

すり抜けをなくそうとすると中国や香港のような対応を取るしかなくなります。

メキシコのみならず、感染者が出た国に行った人すべてについて

同じような対応を取る以外に完璧はないでしょう、それは非現実的です。



これがH5N1のような強毒性のものであれば

どんな国交問題になってもその対応を取るべきですが、

すでにアメリカ全土に広がっている弱毒性のH1N1ウイルス、

アメリカと人的交流のない社会生活はあり得ないわけで、

未発症の患者の入国は防ぎようがないでしょう。


もう、個人レベルで感染予防に努めるのでいいんじゃないかと思います。


もう、検疫作戦に非常招集をするのはやめていいんじゃないかと思います。


もう、国内の診療体制に目を向けて力を入れる方が優先かと思います。



都会の大病院だけでなく、日本中の個人診療所レベルに向けて、

厚生労働省側で早く指針を出してあげてはいかがでしょうか?


たとえば、こんなことも考えましょう。

乳幼児や妊婦は内科もふだん、診療を避けています。

風邪や腹痛、ちょっとしたけがなど、乳幼児や妊婦は小児科や産婦人科にまず行きます。

というのも、

小児や妊婦にどんな薬を出してはいけないか、

一般内科医の頭には全ては入っていないからです。

大人に平気な薬でも小児には問題がある解熱剤など、

わかっていても他の解熱剤でも何かあったら訴えられることを怖がります。

本を見ながら選べばいいのでしょうけれども、

責任回避で産婦人科や小児科に患者を回します。

(これは産婦人科や小児科の医者も同じことです、
 専門外で対応できないと判断すれば他科に回します。
 そうしないともしものときに裁判で負けるの確定ですから。)


患者さんもそのように内科に避けられることになれているから、

インフルエンザ発症初期のあまり典型的でない症状のときには

乳幼児はまずかかりつけの小児科に連れていくでしょう。

妊婦さんも妊婦検診している産婦人科に行くでしょう。



そう言う状況で、保健所と大病院の連携だけ何とかすればいいと考えていると、

それぞれの診療科の街のクリニックの待合室から

パンデミックが始まる可能性は高いですよ。


検疫も大事ですが、すでにすり抜けているわけですから、


国民全体と、末端の診療所レベルに向けて

厚生労働省の考える治療と感染爆発回避のために取るべきシナリオを

毎日のようにテレビで、ラジオで、新聞で、インターネットで流し、

そちらを啓発する方向に、さらに、力を注がれてはいかがでしょうか?


枡添さんも厚生労働省の官僚の方々もよく頑張りました。

ここまでの努力は素晴らしかったと思います、今回はよかったです。

ですから、ぜひ、引き続き次への総合的な展開をぜひ進めてください。


水際での完全阻止は不可能だと思います。

麻生さんもぜひ、その事実に目を向けて現実的で建設的なご発言お願いします。


関連タグ : 水際作戦, 検疫体制, 街のクリニック, 待合室, 小児科, 産婦人科,

横浜市の私立高校の高校生が新型インフルエンザ疑いと

発表されましたが、結局は陰性。

とはいってもソ連型H1N1に感染していたわけですが、

回復の方向と言うことで、よかったです。


何よりもこの私立高校が隠さずにきちんと公表していたこと、

とてもよかったと思います。

全校休校と言う大騒ぎや電話問い合わせで大変だったと思うけど、

正しい対応を毅然として取ったということで、おおいに評価すべきでしょう。

校長先生、お疲れ様でした。
[新型インフルエンザ疑い高校生の関係者は、毅然とした対応でよかったと思う。]の続きを読む

関連タグ : 検疫, 医療崩壊, インフルエンザ, 高校生, 横浜の私立高校, ソ連型, H1N1,

豚インフルエンザ以前に、幸いなことに、鳥インフルエンザが話題になってから、

それまで医療用にしか注目されていなかった高性能・高機能マスクが市場に登場してきました。


マツモトキヨシでもインターネットでも購入できます。



たとえば、ウイルス粒子を通さないのはN95マスクやN100マスク。

インフルエンザウイルスをほとんど通しません。

しかしこれらの高機密マスクは息をするのが大変なのです。


[豚インフルエンザ感染予防マスクの正しい装着の仕方の動画]の続きを読む

関連タグ : マスク, 正しい装着の仕方, 動画, N95, N100, 呼吸が苦しい, 密着,


副作用のない薬を出してください、それ以外は飲みたくありません、とか、副作用が心配だから子供にワクチンは受けさせませんとか、副作用恐怖症と言ってもいい人が日本にはひしめいています。

でも、副作用と言うのは完全に防げるものではないのです。

手術などの時に使われる薬の一種には、それを投与するとものすごい高熱が出て、神経症状を多発して致死率の高い病気になる人が数千人に一人います。

これは薬のせいではなくて、個人の体質の問題です。

数千人に一人の副作用がない薬を開発しようとすれば、数十万人の臨床実験が必要です。数年間かけて、いろんな年齢や性別、人種の集団に対して何度も行わないといけないでしょう。


[新型インフルエンザウイルスワクチンには副作用はないのですか?]の続きを読む

関連タグ : インフルエンザワクチン, 副作用, パンデミックワクチン, 入院, 発熱, 危険性,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。