新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフルエンザ感染による死亡例を含む重症例について

具体的な経過などが厚生労働省から発表されました。

症例数は多くありませんが、感染初期には簡易検査で陰性の結果が出るなど、大変興味深い話です。


新型インフルの重症例、厚労省がHPで公表

9月21日22時20分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000709-yom-soci

 厚生労働省研究班(分担研究者=川名明彦・防衛医大教授)は、国内で確認された新型インフルエンザによる重症患者の代表的な症例をまとめ、厚労省のホームページに公表した。

 診療にあたる医師が情報を共有するために作成した。とり上げた6例中4例は、感染を調べる簡易検査で陰性の結果が出るなど、初期診断の難しさが示された。6例は4~60歳代の男女で、詳しい経過や治療方法を紹介している。主な症状は気管支ぜんそくの重症発作、急性脳症(2例)、肺炎(3例)。


これは医療機関にとっては大変ありがたいことです。

これらの臨床経過を念頭に重症化する可能性のある症例に対応できます。

新型インフルエンザ感染による劇症症例が最悪の事態に落ちることを避けるために大変重要なポイントです。



いくつかのブログなどで新型H1N1は季節型とたいして変わらないと紹介されていますし、感染者数に比べると死亡者数も非常に少ないのですが、決して甘くみられるべきウイルスではないようです。

ここでも書きましたが、南米での新型インフルエンザ感染確定例での死亡率は1%前後あります。

20世紀のパンデミックでは1918年のスペイン風邪が2%、1957年のアジア風邪が0.5%でしたが、それは今よりもずっと医療事情が悪かった時代の話です。


アルゼンチンの都市部の医療環境や、最先端の病院の医療技術は日本となんら変わらないはずです、それなのにどうして南米では死亡率がこんなに高くなるのでしょうか?

南米の現代の医療事情、よくは知りませんが、どうやら貧困層の医療受診事情がこの死亡率の高さを生み出すようです。

受診したときにはもうタミフルやリレンザの効かない状態で、しかも肺炎が悪化してしまっている状態にある人が多いというのが死亡率の高い国のその理由のようです。


南米の中でもチリでは死亡率が低く、この国では抗インフルエンザ薬による治療が早期から行われているようです。

保健医療で抗インフルエンザ薬投与ができるかどうかが、そのままその国のインフルエンザ感染による致死率に反映されるようですね。

保健医療を受けられる人の比率、日本はずば抜けて高い国ですから、アルゼンチンやメキシコと同じには考えなくていいと思います。

日本で医療を受けることができれば結果的には季節性インフルエンザと変わらない死亡率になると思います。


だとしても、対応が遅れると怖い病気であることは忘れないようにしましょう。

体力のある人は寝ていれば治る病気のように見えていますが、実際そういう人が多いのですが、元気な小学校高学年の児童でも、20代の大人でも、急速に呼吸器症状が重篤化するときはあります。

けっして季節性インフルエンザと同程度の怖さではありません。

身近に患者が出たなど、インフルエンザ感染が疑われる状況の発熱や呼吸器症状であれば、発症後2日以内の医療機関の受診をお勧めします。



これに関して、感染症学会のホームページから以下のような記載を見つけたので転載します。
(と言うか、記事の参考にさせていただきました。)

臨床の現場の友人から聞く話と完全に一致する内容ではありませんが、大いに参考になる話です。


(2)新型インフルエンザS-OIVは「弱毒」ではありません

 2009年5~6月の関西地区の流行後、夏にかけて一時的に発生数が一段落したこともあってわが国ではS-OIVを楽観視するような論調も見られました。すなわち、S-OIVは「弱毒」性であって通常の季節性インフルエンザと変わらないので厳重な対応策は緩めてもよい、という意見です。しかし、 S-OIV H1N1が「弱毒株」というのはウイルス学的にも誤りです。「弱毒」や「強毒」というのは鳥インフルエンザに関してのウイルス学の用語です。鳥のインフルエンザの赤血球凝集素(hemagglutinin:HA)には、抗原亜型がH1からH16まであり、そのうち、H5とH7亜型の一部のウイルスで、遺伝子内部に特徴的な配列を持つものが「強毒株」であって、それらに感染したニワトリはほとんどが死亡します。一方、その他は「弱毒株」です。しかし、ヒトのインフルエンザウイルスにはH1からH3までの3亜型が知られているだけで、ウイルス学的に「強毒株」とか「弱毒株」という区別はありません。わが国のマスメディアでは、臨床的にvirulenceが弱い、臨床的に軽いという意味で「弱毒」と言う言葉を使っているようですが、その使い方自体が誤りであるだけでなく、S-OIVの重症度は以下に示すように少なくともmoderate(中等度)であり、季節性と同じようなmild(軽度)なものではありません。近い過去に人類が経験した(当時の)新型インフルエンザであるいわゆるアジアかぜや香港かぜの出現当時と同じようなレベルの重症度であると考えなければなりません。
 本年8月以降、わが国でも各種の基礎疾患を有する感染例に死亡が見られ始め、若年層にも被害が出始めていますが、従来の季節性インフルエンザは高齢者を中心にして0.1%前後の致死率であるのに対し、今回のS-OIVは本来健康な若年者が中心でありながらWHOの発表5)では未だに1%近い致死率を示しています。メキシコや米国、最近では南米などの被害が大きく、1%をはるかに超える致死率が報告されている国もあります。このことからも、S-OIVは決して軽症とは言えません。しかも、前回の緊急提言でも述べたように本年の秋以降には大規模な発生が起こり、1~2年で全国民の50%以上が感染することも予想されているのです。「弱毒」と侮ることなく、万全の対処を準備しなければなりません。

http://www.kansensho.or.jp/news/090914soiv_teigen2.html#n02


これから秋に入り、冬を迎えます。

冬場のインフルエンザ感染の怖さは、ウイルスで荒れてしまった気道上皮で発生する二次感染による肺炎や気管支炎です。

そういう季節に向けて、早め早めの対策は大事だと考えます。

パニックになったり恐怖におびえる必要はありませんが、なめてかからないようにお願いします。

スポンサーサイト


関連タグ : 死亡率, 重症化, 新型インフルエンザ, アルゼンチン, 季節型, 新型H1N1,

日本時間26日早朝のWHOの会議で見送られたのが以下の項目です。

新型インフルエンザに対する警戒レベルの見直しについてWHO

警戒レベル6段階の

「3」(人から人への感染が全くないか極めて限定的な段階)から

「4」(人から人への感染が増加する兆候のある段階)への引き上げ

は見送りました。

[豚インフルエンザの感染状況はもはやフェーズ4だと思います。]の続きを読む

関連タグ : ニュージーランド, パンデミック, フェーズ4, WHO, 豚インフルエンザ, 死亡率, 致死率,


日本政府、つまり厚生労働省が発表している新型インフルエンザパンデミック時の死亡者の数の計算はかなり少なめだというのは世界中で有名です。

3500万人が感染して、16万人から60万人ぐらいの計算だったと思います(死亡率は最大でも2%の計算です)。

ですが、外国の研究機関が推計予測している日本での死者数は210万人というのがありました(死亡率は6%でしょうか)。


このように推計被害者数に、実に10倍もの開きがあったのでは、少なめの予測に対して準備をしたのでは、実際にパンデミックが起こったときに手に負えなくなるのは目に見えています。

厚生労働省は国民の不安をあおらないように、空振りに終わるかもしれないことに予算がかかりすぎないように(笑)、控えめにしているのでしょうけれども、ほんとうにそれでいいのでしょうか?



[新型インフルエンザのパンデミックのときの死亡率は?]の続きを読む

関連タグ : 死亡率, 推定死亡率, パンデミック, 厚生労働省,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。