新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これまでの国内のマスコミの報道を見る限り、新型インフルエンザ感染が原因で亡くなった方の報道は眉に唾をつけてみる必要があります。

12例目の死亡例とされたままの大阪の45歳の男性は、虚血性心疾患が死因であるとの報道があったはずです。

それなのに、沖縄で亡くなった24歳の女性の死亡例と今だにいっしょくたに扱われて、持病がなくて新型インフルエンザで亡くなった人は2例あるかのような報道姿勢。

いったいいつになれば正しい報道姿勢になってくれるやら。


ええ、もちろん沖縄の女性の死因は新型インフルエンザの重症化が原因と疑われる、でいいと思います。

つまり、持病がなくても重症化し、致死の症例があると言うことです。


新型インフル 持病ない24歳死亡 死者13人目、国内最年少

9月16日7時56分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000039-san-soci

 厚生労働省は15日、沖縄県で新型インフルエンザに感染した持病のない女性(24)が死亡したと発表した。死者は13人目。女性は肺炎で入院後に意識不明となり、死因はくも膜下出血だった。国内の死者では最も若く、持病

のない人の死亡は2例目。

 厚労省などによると、女性は8月26日に発熱。医療機関でリレンザ投与を受けたが高熱が続いたため31日に入院。肺炎を発症しており、詳細(PCR)検査で新型の感染が確認された。人工呼吸器を装着して集中治療を受けたが、9月9日にくも膜下出血を起こした。


これはどうみてもウイルス感染により、呼吸器症状、肺炎が急速に重症化した症例です。

多くの高校生や若い成人ではウイルス感染は軽症にとどまるのに、この女性でなぜこんなに急速な重症化が進んだのか?

何か体質的な問題(遺伝子配列の問題)で「サイトカインストーム」と呼ばれる状況が発生したのかもしれません。


体質的な問題に関しては以前も書きましたが、H5N1インフルエンザに感染した場合の致死率が国によって大きく異なることから言っても、何か新型インフルエンザ感染で重篤化してしまうSNPを持っている人が存在する可能性が高いように思われます。

あくまでも私の推測で、文献的な考察を基に書いているものではないことをお断りしておきますけれども。

スポンサーサイト


関連タグ : サイトカインストーム, 致死, 死亡例, 新型インフルエンザ, 沖縄の女性,

サイトカインストームの治療に関して、訂正します。


申し訳ありません。

鳥インフルエンザに関してのWHOからの臨床取り扱い指針が2007年に出ていました。


その中に、ステロイドの大量投与療法は有効性が認められない、

二次感染などの良くない影響を引き起こすことが多いとの記述がありました。


[サイトカインストームへのステロイドの適用は脳症と鳥インフルで異なる。]の続きを読む

関連タグ : 鳥インフルエンザ, WHO, 治療のガイドライン, ステロイド大量投与, 二次感染, インフルエンザ脳症, サイトカインストーム,

インフルエンザ脳症への対応に見るサイトカインストームの治療方法の可能性


インフルエンザ脳症は我が国の小児急性脳症発生において、

発生率トップを占める疾患である。

年間250人程度が罹患すると考えられている。


この発症率は諸外国では見られない非常に高いものであることから、

日本人民族での何らかの遺伝的因子の存在が疑われている。


[サイトカインストームの治療方法]の続きを読む

関連タグ : サイトカインストーム, 治療法, ステロイドパルス療法, DIC, 炎症性サイトカイン, パンデミック, タミフル,


豚インフルエンザワクチン対策で、どうするかで悩んでいるみたいだ。


舛添要一厚生労働大臣は迅速な対応をする発言をしたと思うよ。

「季節性インフルエンザ用の製造を一時停止しても、
 豚インフルエンザワクチンを優先する」

これは国民に安心感を与える。



しかし同時に、毎年普通に流行するインフルエンザ感染で

高齢者中心に1万人が亡くなっているのも事実。

季節性インフルエンザワクチン製造の完全停止により

もたらされるリスクは大きい。

[豚インフルワクチンと季節性ワクチンとの生産振り分けは簡単なこと]の続きを読む

関連タグ : 豚インフルワクチン, 生産能力, 振り分け, 25歳から45歳, サイトカインストーム,

豚インフルエンザのウイルス型がH1N1と聞いて、

・・・おや? 最近もどこかで聞いたぞ?

と思った人もいるかもしれない。


実は、現在も流行しているふつうのインフルエンザであるソ連型がH1N1に分類される。

ソ連型と言われるゆえんは1970年代に大きな流行がソ連で報告されたからである。

(このときには30年ぶりの流行であったために20代以下の若者が主な感染者であった。)


[豚インフルH1N1とスペイン風邪H1N1の関連性]の続きを読む

関連タグ : H1N1型, 豚インフルエンザ, スペイン風邪, タミフル耐性, 突然変異, サイトカインストーム, 新型インフルエンザ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。