世界各地の情報

ここでは、「世界各地の情報」 に関する記事を紹介しています。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新型インフルエンザ感染による死亡例を含む重症例について

具体的な経過などが厚生労働省から発表されました。

症例数は多くありませんが、感染初期には簡易検査で陰性の結果が出るなど、大変興味深い話です。


新型インフルの重症例、厚労省がHPで公表

9月21日22時20分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000709-yom-soci

 厚生労働省研究班(分担研究者=川名明彦・防衛医大教授)は、国内で確認された新型インフルエンザによる重症患者の代表的な症例をまとめ、厚労省のホームページに公表した。

 診療にあたる医師が情報を共有するために作成した。とり上げた6例中4例は、感染を調べる簡易検査で陰性の結果が出るなど、初期診断の難しさが示された。6例は4~60歳代の男女で、詳しい経過や治療方法を紹介している。主な症状は気管支ぜんそくの重症発作、急性脳症(2例)、肺炎(3例)。


これは医療機関にとっては大変ありがたいことです。

これらの臨床経過を念頭に重症化する可能性のある症例に対応できます。

新型インフルエンザ感染による劇症症例が最悪の事態に落ちることを避けるために大変重要なポイントです。



いくつかのブログなどで新型H1N1は季節型とたいして変わらないと紹介されていますし、感染者数に比べると死亡者数も非常に少ないのですが、決して甘くみられるべきウイルスではないようです。

ここでも書きましたが、南米での新型インフルエンザ感染確定例での死亡率は1%前後あります。

20世紀のパンデミックでは1918年のスペイン風邪が2%、1957年のアジア風邪が0.5%でしたが、それは今よりもずっと医療事情が悪かった時代の話です。


アルゼンチンの都市部の医療環境や、最先端の病院の医療技術は日本となんら変わらないはずです、それなのにどうして南米では死亡率がこんなに高くなるのでしょうか?

南米の現代の医療事情、よくは知りませんが、どうやら貧困層の医療受診事情がこの死亡率の高さを生み出すようです。

受診したときにはもうタミフルやリレンザの効かない状態で、しかも肺炎が悪化してしまっている状態にある人が多いというのが死亡率の高い国のその理由のようです。


南米の中でもチリでは死亡率が低く、この国では抗インフルエンザ薬による治療が早期から行われているようです。

保健医療で抗インフルエンザ薬投与ができるかどうかが、そのままその国のインフルエンザ感染による致死率に反映されるようですね。

保健医療を受けられる人の比率、日本はずば抜けて高い国ですから、アルゼンチンやメキシコと同じには考えなくていいと思います。

日本で医療を受けることができれば結果的には季節性インフルエンザと変わらない死亡率になると思います。


だとしても、対応が遅れると怖い病気であることは忘れないようにしましょう。

体力のある人は寝ていれば治る病気のように見えていますが、実際そういう人が多いのですが、元気な小学校高学年の児童でも、20代の大人でも、急速に呼吸器症状が重篤化するときはあります。

けっして季節性インフルエンザと同程度の怖さではありません。

身近に患者が出たなど、インフルエンザ感染が疑われる状況の発熱や呼吸器症状であれば、発症後2日以内の医療機関の受診をお勧めします。



これに関して、感染症学会のホームページから以下のような記載を見つけたので転載します。
(と言うか、記事の参考にさせていただきました。)

臨床の現場の友人から聞く話と完全に一致する内容ではありませんが、大いに参考になる話です。


(2)新型インフルエンザS-OIVは「弱毒」ではありません

 2009年5~6月の関西地区の流行後、夏にかけて一時的に発生数が一段落したこともあってわが国ではS-OIVを楽観視するような論調も見られました。すなわち、S-OIVは「弱毒」性であって通常の季節性インフルエンザと変わらないので厳重な対応策は緩めてもよい、という意見です。しかし、 S-OIV H1N1が「弱毒株」というのはウイルス学的にも誤りです。「弱毒」や「強毒」というのは鳥インフルエンザに関してのウイルス学の用語です。鳥のインフルエンザの赤血球凝集素(hemagglutinin:HA)には、抗原亜型がH1からH16まであり、そのうち、H5とH7亜型の一部のウイルスで、遺伝子内部に特徴的な配列を持つものが「強毒株」であって、それらに感染したニワトリはほとんどが死亡します。一方、その他は「弱毒株」です。しかし、ヒトのインフルエンザウイルスにはH1からH3までの3亜型が知られているだけで、ウイルス学的に「強毒株」とか「弱毒株」という区別はありません。わが国のマスメディアでは、臨床的にvirulenceが弱い、臨床的に軽いという意味で「弱毒」と言う言葉を使っているようですが、その使い方自体が誤りであるだけでなく、S-OIVの重症度は以下に示すように少なくともmoderate(中等度)であり、季節性と同じようなmild(軽度)なものではありません。近い過去に人類が経験した(当時の)新型インフルエンザであるいわゆるアジアかぜや香港かぜの出現当時と同じようなレベルの重症度であると考えなければなりません。
 本年8月以降、わが国でも各種の基礎疾患を有する感染例に死亡が見られ始め、若年層にも被害が出始めていますが、従来の季節性インフルエンザは高齢者を中心にして0.1%前後の致死率であるのに対し、今回のS-OIVは本来健康な若年者が中心でありながらWHOの発表5)では未だに1%近い致死率を示しています。メキシコや米国、最近では南米などの被害が大きく、1%をはるかに超える致死率が報告されている国もあります。このことからも、S-OIVは決して軽症とは言えません。しかも、前回の緊急提言でも述べたように本年の秋以降には大規模な発生が起こり、1~2年で全国民の50%以上が感染することも予想されているのです。「弱毒」と侮ることなく、万全の対処を準備しなければなりません。

http://www.kansensho.or.jp/news/090914soiv_teigen2.html#n02


これから秋に入り、冬を迎えます。

冬場のインフルエンザ感染の怖さは、ウイルスで荒れてしまった気道上皮で発生する二次感染による肺炎や気管支炎です。

そういう季節に向けて、早め早めの対策は大事だと考えます。

パニックになったり恐怖におびえる必要はありませんが、なめてかからないようにお願いします。

スポンサーサイト


関連タグ : 死亡率, 重症化, 新型インフルエンザ, アルゼンチン, 季節型, 新型H1N1,

これまでの国内のマスコミの報道を見る限り、新型インフルエンザ感染が原因で亡くなった方の報道は眉に唾をつけてみる必要があります。

12例目の死亡例とされたままの大阪の45歳の男性は、虚血性心疾患が死因であるとの報道があったはずです。

それなのに、沖縄で亡くなった24歳の女性の死亡例と今だにいっしょくたに扱われて、持病がなくて新型インフルエンザで亡くなった人は2例あるかのような報道姿勢。

いったいいつになれば正しい報道姿勢になってくれるやら。


ええ、もちろん沖縄の女性の死因は新型インフルエンザの重症化が原因と疑われる、でいいと思います。

つまり、持病がなくても重症化し、致死の症例があると言うことです。


新型インフル 持病ない24歳死亡 死者13人目、国内最年少

9月16日7時56分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000039-san-soci

 厚生労働省は15日、沖縄県で新型インフルエンザに感染した持病のない女性(24)が死亡したと発表した。死者は13人目。女性は肺炎で入院後に意識不明となり、死因はくも膜下出血だった。国内の死者では最も若く、持病

のない人の死亡は2例目。

 厚労省などによると、女性は8月26日に発熱。医療機関でリレンザ投与を受けたが高熱が続いたため31日に入院。肺炎を発症しており、詳細(PCR)検査で新型の感染が確認された。人工呼吸器を装着して集中治療を受けたが、9月9日にくも膜下出血を起こした。


これはどうみてもウイルス感染により、呼吸器症状、肺炎が急速に重症化した症例です。

多くの高校生や若い成人ではウイルス感染は軽症にとどまるのに、この女性でなぜこんなに急速な重症化が進んだのか?

何か体質的な問題(遺伝子配列の問題)で「サイトカインストーム」と呼ばれる状況が発生したのかもしれません。


体質的な問題に関しては以前も書きましたが、H5N1インフルエンザに感染した場合の致死率が国によって大きく異なることから言っても、何か新型インフルエンザ感染で重篤化してしまうSNPを持っている人が存在する可能性が高いように思われます。

あくまでも私の推測で、文献的な考察を基に書いているものではないことをお断りしておきますけれども。



関連タグ : サイトカインストーム, 致死, 死亡例, 新型インフルエンザ, 沖縄の女性,

新型インフルエンザ(A型H1N1)の感染、20歳以下の子供が多いことはずいぶん言われてきた。

親せきの開業医が所属している関西某地区の医師会から回ってくる感染者情報でも8割が子供で、大人が混じっていても30歳以下が主だと言う。

それは日本だけでなく、日本よりも先行して感染が広がったアメリカの統計でも子供が感染しやすいという統計が出たようだ。


新型インフル感染率、子供は高齢者の14倍

8月28日14時48分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000760-yom-sci

 【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は27日、5~14歳の子供は60歳以上の高齢者に比べ14倍も新型インフルエンザにかかる可能性が高いとする報告を発表した。

 報告によると、7月25日までにシカゴ市の保健当局が確認した新型インフルエンザ感染者1557人のうち、最も多いのが5~14歳の624人で、この年代の人口の0.14%に上ったのに対し、60歳以上は41人でこの世代の0.01%にすぎなかった。

 入院する割合も子供で高く、報告は「子供を重点に予防や治療にあたる必要があることが裏づけられた」としている。


さて、それではなぜ子供でばかり感染がおこりやすいのだろうか?

子供が集団生活をするという生活様式による理由だけでは説明できない。

なぜなら、季節型インフルエンザにおいてはここまで子供に偏って発生する現象が見られないからである。


ここで注目すべきは60歳以上の高齢者に比べて感染しやすいという表現だ。

通常の季節型インフルエンザなら60歳以上の高齢者もまた格好のターゲットである。

ところが、高齢者はかかりにくい。


さらに面白いのは(不謹慎な表現で申し訳ないが)、新型インフルエンザに対する抗体を90歳以上の高齢者が持っているという報告である。

90年前と言えば、1918年から1919年にかけてスペイン風邪が流行して世界中で8000万人以上が亡くなったというあの時代を経験しているわけだ。

そしてスペイン風邪は今回の新型と同じくH1N1タイプのA型インフルエンザだった。


インフルエンザは非常に変異の起こりやすいウイルスで、それゆえに毎年毎年、同じH1N1型やH3N2型が感染を繰り返す。

とはいっても、一度感染したことのあるウイルスそのものや、それに近い方のウイルスに対しては人々は免疫力を持っているものだ。

そしてそれは90年たっても免疫記憶として体内のリンパ節や脾臓で保存されているわけだ。


つまり、今回の新型インフルエンザだが、1918年のスペイン風邪のH1N1によく似ているだけでなくて、60歳以上の人たちが生きていた時代に何度か流行したインフルエンザウイルスによく似ているのだろうとおもわれる。

しかしそのH1N1は年を経るごとに変異を繰り返して、1918年の形からずいぶん遠ざかってしまっていたのが、たまたま今回、豚や鳥のウイルスと混ざることで再びよく似た抗原性を持って出現してしまった。

だから、高齢者ほど、今回の新型インフルエンザによく似たウイルスに感染した経験があり、かかりにくくて、遠い時代の果てにいる現代の小児たちは残念ながら免疫を全く持っていないというわけだ。


もちろん、全員が同じように抗体を持っているわけでもないし、全員の免疫機能が同じレベルではないから、若くてもかかりにくい人もいれば、年をとっていてもかかって重症化する人もいる。

歴史は本当に繰り返すのだなあと思うし、ウイルスが取りうるパターンにも限りがあるのだろうなと思う。

そう考えれば、100年後ぐらいには全てのインフルエンザウイルスのパターンについて、人類は本当の万能ワクチンを持っているのかもしれない。


夢のような話だけど。


関連タグ : 新型インフルエンザ, 高齢者, スペイン風邪, 万能ワクチン,

日本の水際作戦がなぜ成功しなかったのか?

対応が連休後半からでは遅すぎたということもあるだろう、

だが、それ以外に大きな要因があった。


季節性インフルエンザでも、症状が軽い人は発熱もしないし、

ほとんど無症状の人もいるといわれている。

ところが新型インフルエンザでは1/3の人は発熱しないというのだ。


メキシコでの調査を終えたアメリカの感染症のエキスパートの報告

(ニューヨークタイムスの5月13日の記事から)

Many Swine Flu Cases Have No Fever
http://www.nytimes.com/2009/05/13/health/13fever.html?ref=research

By LAWRENCE K. ALTMAN
Published: May 12, 2009

メキシコでの病状視察から戻ったアメリカの感染症のエキスパートの報告によると、奇妙なことに、新型インフルエンザに関連した人の中には病状が明瞭であるにもかかわらず発熱が認められない患者が少なからず存在するという。

高熱はインフルエンザの典型的な兆候であり、しばしば40度に達する。ほとんどの感染症のエキスパートが高熱こそインフルエンザの主要な兆候の一つであると考えており、だからこそ体温計測をスクリーニングの方法に据えている。

しかしメキシコシティの二つの病院での調査に赴いたアメリカの感染症のエキスパートであるリチャード・ウェンツェルの報告では、新型インフルエンザ患者の1/3では、発熱は初発症状ではないという。

「これには私もメキシコのスタッフも驚きました。教科書的には咳と発熱でインフルエンザのアウトブレイクの90%は検出できることになっていますから。」とはウェンツェル博士の弁。 ちなみにウェンツェル博士はリッチモンドのVirginia Commonwealth University の内科部長でもある。

重症化するケースでは入院すればみんな高熱を発するようになるが、軽症例では半数が熱は上がらないという。もちろん、ほとんどのケースで咳と倦怠感や不快感は伴うのだが。と、やはりウェンツェル博士。

さらに、メキシコの病院に入院した患者の12%はひどい下痢で苦しんで、3日間にわたって一日平均6回はトイレに行くとのことである。もちろん、咳や呼吸困難などの呼吸器症状は伴っているとのことである。ウェンツェル博士は国際感染症学会の前の会長でもある。

ウェンツェル博士はメキシコの研究者たちに患者の便を調べるように勧告したという。「もしも. A(H1N1)ウイルスがヒトからヒトへ感染して、かつ、患者の便内で検出された場合、感染防止策はさらに困難さを増すだろう。特に発展途上国において。」

博士は無症状ンホ人もウイルスのキャリアとなっていないかどうかについて検討するようにメキシコの研究者たちに促したという。



後半は省略します。

(後半で彼が強調しているのは、メキシコの医療関係者たちは呼吸器感染症のパンデミック対策は十分に準備していた、でも、感染を防ぎきれなかったのだ、と言うことでした。)


このブログの記事でも繰り返し述べてきましたが、

新型インフルエンザ感染では消化器症状が目立つということ

これは新型インフルエンザの特徴の一つです。


さらに、季節性のインフルエンザなら高熱が当然でありながら、

それは過去のことから刷り込まれた先入観でしかなくて、

発熱を指標にすると新型インフルエンザ感染者の1/3は見つからない

と言うことになりますから、

サーモセンサーなどを使ったところで、たとえ発症者であっても

水際対策で全員の侵入を阻止するのは不可能だった。


ということですね。


ストレートが来るつもりで厚生労働省は頑張りましたが、

実は新型インフルはナックルみたいな変化球なので、

打ち返すのはとても難しかったようです。


症状の軽い人が多いとなると、今後の感染爆発も避けようがないでしょう。


逆に言えば、でも、症状が重い人以外は心配しなくてよいわけですし、

躍起になって大勢を検査して隔離するよりも、

重症者のケアに重点的に予算を配分していただいた方が、

厚生労働省の株も上がるかと思います。


まあ、外野から言うのは気楽ですからね、すみません。

関係者の皆様の努力がより効率的になることを切に祈って、書かせていただきました。


関連タグ : 発熱, メキシコの病院, サーモセンサー, 消化器症状, 初発症状, 新型インフル, 無症状, 咳と不快感, 咳と倦怠感, 水際対策,

日本でも神戸の高校でヒトからヒトへの感染疑いが出たけれども、

ニューヨークの高校では感染がいきなり拡大した模様。

通常であれば消え行くはずのインフルエンザ感染が

このような初夏に爆発するのは、やはり、新型ゆえか。


「異常に多くの生徒」に症状=インフルで教員重体、3校休校-NY

5月15日10時0分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000038-jij-int

 【ニューヨーク14日時事】米ニューヨークのブルームバーグ市長は14日、市内クイーンズ区の公立小中学校3校について、新型インフルエンザに似た症状を訴える生徒・児童らの数が「異常な高水準」に達したため、来週末まで休校にすると発表した。中学校の教頭1人が感染し重体に陥っているという。
 市当局によれば、教頭の勤務先の中学校では生徒4人の感染も確認され、今月6日以降、症状の出た生徒50人以上が登校していない。残る2校で事態が発覚したのは14日で、小学校の児童29人が保健室を訪れたほか、別の中学校でも生徒241人の欠席が報告された。 


アメリカのメディアの発表を見ると、

HIV感染で免疫不全の人とか、腎臓透析中の人とか、糖尿病の人とか、

合併症を持つ人はいささか危険な状況に陥る可能性もありそうだ。


もちろん公式な発表ではないのだけれども、

60歳以下の中年の肥満傾向のある、生活習慣病持ち、

あるいは生活習慣病予備群の人々は

過労や不摂生で普段の体力が落ちないように注意しよう。



New York Timesの記事から

Three More Schools Close in Queens

Three more public schools were closed Friday ― adding to the three in Queens shut down on Thursday ― after the swine flu re-emerged in more pockets around the city. An assistant principal remained hospitalized in critical condition with the most serious case since the virus turned up in the city more than three weeks ago.

The number of people infected by the virus nationwide could be as high as 100,000, one federal health official said Friday, far more than just the 4,714 cases currently confirmed by the Centers for Disease Control and Prevention.

Dr. Daniel Jernigan, head of epidemiology for the flu division of the C.D.C., said the agency was seeing “widespread flu activity ― something we would not normally expect at this time of year.”

The vast majority of cases have been mild, however, with only 173 hospitalizations reported in the United States. On Friday, Texas health officials confirmed that a 33-year-old man with heart problems who was morbidly obese died from swine flu, becoming the nation’s fifth fatality from the current outbreak of the disease.


詳しくは読んでください。

患者や患者家族のインタビューも載っているけれども

ピックアップするのは適当ではないと思ったので。


ケースバイケースだから。


関連タグ : ニューヨークの高校, 学校閉鎖, 新型インフル,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。