新型インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1や豚インフルエンザH1N1などの人間感染型)に関する知識とそれへの対策についてまとめてみました。新しい情報は随時追加します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



読者の方から新型インフルエンザに関しての質問をいただきました。


鍵コメントで質問をいただきましたので、記事の形で回答を共有させていただきます。

こういう形で質問をいただけますと、何がわからないのか、こちらもよくわかりますので助かります。

即答はできませんが、このような形で、今後も時間があるときに回答させていただきます。


質問1. 現時点では毒性を獲得していないようなので、今の時点でインフルエンザに感染してしまえば毒性が強まった時には感染しないのでしょうか?

 (回答) 似た質問ワクチンに関して以前にもいただき、そちらでも回答しましたが、これはどちらとも言えません。

 今の時点でこのインフルエンザに感染してしまえば、同じ遺伝子配列のウイルス、あるいはよく似たウイルスに感染しても、その二回目以降に感染したウイルスの増殖はあなたの免疫系に効率よく抑え込まれますので、症状はひどくならない可能性が高いと思われます。

 この可能性はある程度高いと思われます。


 ただし、強い毒性を獲得するような変異がウイルスに起こったときに、それがワクチンによって免疫系が覚えていたウイルスの形とは全く異なる形に変貌するような変異であった場合には残念ながら期待できません。

 どの場所のどんな変異で強毒性になるかについては、過去のインフルエンザウイルスの解析からいくつかの予測は立てられていますが、どうなるかは実際、ウイルス次第ですから、運任せです。 

 去年季節性のインフルエンザのH3N2にかかったのに、今年もまたH3N2にかかっちゃったよ、と言う人はたくさんいますよね、そのことから言っても運が悪ければまたかかります。
 これはワクチン打っても同じことです。


質問2. 今回のH1N1に感染していればH5N1の流行の際には感染しない、又は感染しても症状が軽くなることが期待できますか?(免疫を持つことができますか?)Nが同じ型なのでこのように思うのですがどうなのでしょうか。

 (回答) これはほとんど期待できません。

 ほとんどの場合、ヒトの免疫系が認識するのはHに当たるヘマグルチニンと言う糖鎖部分で、これがほんの僅かに変わっただけでも新しいインフルエンザは免疫系をすりぬけてしまいます。

 上にも書きましたが、毎年毎年、H3N2とH1N1がちょっとずつ変異して数千万人への感染を繰り返していることからもそれはお分かりかと思います。

 ということで、免疫系が覚えて対処すると言うシステムの上では、H1N1H5N1の間には共通項はほとんどない、どちらにかかっても別な方への免疫はほとんどつかないと思ってくださって結構です。


質問3. 今回のインフルエンザでは90歳以上の方に免疫があるとされていますが、それはスペイン風邪と"N"の型が同じだからですか?

 (回答) おそらく違います。おそらくH1の表面の形が、スペイン風邪のそれと、今回の新型インフルエンザのそれとで似通っている形だからなのだと思われます。


回答は以上です。


参考までに記載しておきます。


以前にも書きましたが、哺乳類の免疫系が認識するインフルエンザウイルスの形は主にHで表わされるヘマグルチニンの表面の形です。

ヘマグルチニンはアーモンドの砕かれた粉が表面にいっぱい付いたポッキーみたいなものだと思ってください。

このアーモンドの凸凹を免疫系は正確に認識して覚えるのですが、アーモンドの砕け方や、チョコとのくっつき方で表面の形は簡単に変わってしまいますから、たまたまよく似た形のアーモンドのかけらがよく似た付き方でついていない限り、ウイルスを見逃してしまいます。


ただし、人の中にはアーモンドポッキーのチョコの部分やビスケットの部分に対する抗体を持つ人もいて、そういう人の持つその抗体はどんなウイルス感染に対しても効果的です。

これが認識する構造を見つけ出して、ワクチンに、あるいは抗体そのものを薬にしてしまう方法がいくつかの研究室で模索されています。

スポンサーサイト


関連タグ : H1N1, H5N1, ヘマグルチニン, 感染, 質問,

横浜市の私立高校の高校生が新型インフルエンザ疑いと

発表されましたが、結局は陰性。

とはいってもソ連型H1N1に感染していたわけですが、

回復の方向と言うことで、よかったです。


何よりもこの私立高校が隠さずにきちんと公表していたこと、

とてもよかったと思います。

全校休校と言う大騒ぎや電話問い合わせで大変だったと思うけど、

正しい対応を毅然として取ったということで、おおいに評価すべきでしょう。

校長先生、お疲れ様でした。
[新型インフルエンザ疑い高校生の関係者は、毅然とした対応でよかったと思う。]の続きを読む

関連タグ : 検疫, 医療崩壊, インフルエンザ, 高校生, 横浜の私立高校, ソ連型, H1N1,

メキシコで豚インフルエンザがヒトへ感染、

それがアメリカで広がっているものと同じで、

しかも人から人への感染が確認されているという。


今朝、電車の中で携帯でニュースを見た瞬間に

「思わぬところからパンデミックが始まってしまったか!」

と、鳥肌がたった。


[豚インフルエンザH1N1]の続きを読む

関連タグ : 豚インフルエンザ, H1N1, パンデミック, WHO, 海外旅行, メキシコ, 高性能マスク,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。